読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Trippin’

旅行記とハマりもの諸々、現在はK-POP中心

D-LITE JAPAN DOME TOUR 2017~D-Day~雑感

 D-LITEことテソンさんお誕生日おめでとうございます!!! と言いたいがためにとりあえず記事を上げます! あとで手直しする。あなたこそ天使でありヴィーナスですからと真顔で申し上げたくなるD-Dayツアー、彼にとってソロでは初のドームツアー四日間が終了しました。お疲れ様でした。

D-Day(DVD付)(スマプラムービー&ミュージック)

D-Day(DVD付)(スマプラムービー&ミュージック)

 

 わたしは4/22(土)、23(日)の京セラドームに参戦しました。以下、特に注釈が無い限りは京セラ一日目=一日目、京セラ二日目=二日目と呼びます。一日目はセンステ前のD1ブロック、二日目は1塁側スタンド下段でした。一日目、あんなに近くからご本尊見たの初めてだった。

 最高でした。本当に楽しかったし泣けた。一日目に泣きまくったのに二日目も普通に涙が出てきたので脳細胞の老化を思いました。テソンママの登場がまた涙腺崩壊に拍車をかけるんだよ。息子のコンサートに出てきて満面の笑みで日本語のカンペをめくる御母堂、最高にエモいよ。テソンさんには好きなことをして幸せな人生を歩んでもらいたいです。推しに対しては常に心からそう祈ってます。

 とはいえ、口を開けば「スンちゃん……」って感じなので、それがテソコンの感想かよというのは重々承知の上で言うと、スンちゃんマジで来てくれて有難うございました。スンちゃん。スンちゃん。スンちゃん……。テソンさんの誕生日4/26を間近に控えた二日目、公式によるバースデー企画のケーキとともに「ハッピーバースデーディーラーイト」と歌いながらステージに現われたスンちゃん。ファンの発狂。テソンさんの半笑い。多方面にまんべんなく燃料を投下する有能マンネスンちゃん。もはや文章を綴ることもできない、ひたすら「スンちゃん……」と遠い目をしてしまうんですが、いやもう、スンちゃん、テソンさん、じょいふる、生きててよかった、泣いた。この二人がコンビ組んで活動したらいくらでも金を溶かす自信がある。そんなことは起こらないのでわたしの貯金は守られている。溶かしたい人生だった。じょいふるのラストでテソンさんがスンちゃんを後ろからハグ、最高かよ……(文章崩壊)。

 嗚呼スンちゃん。

 と呟き続けることもできるんですが、むしろそれしかできませんが、テソコンの雑感なので……いや、わたしは前から申し上げている通りBIGBANGではテソンさんが大好きで、推しですよ。でもFINALツアーでの公式からのテソン&スンリ推しにまんまと乗せられた口なので、二人セットで出てきたらそれ以外が吹っ飛んでしまったんだよ。FINALのMCで散々「ヴィアイは僕のコンサートに来てくれたことがない!」と煽りまくった果ての(でもMCで「来るのは二回目」って言ってたよね? どっちなの?)、ソロドームツアー最終日バースデーサプライズ。何て美味しい登場の仕方だよ。ごめんでもお膳立て整いすぎてて萌えるしかない。早くDVDを出してくれとしか言えない。わたしが目にしたものが夢じゃなかったと信じさせてくれ。

 先に行われた西武ドーム公演初日には聖母ことテヤンさんが来ていたらしいですね!! 見たかった!!!

www.instagram.com

 もうめちゃくちゃかわいい。セトリをうっかり漏らしてるところとか、タオルが逆なところとか。

 わたしは旅行の予定が入っていたので行けなかったんですが、シャヲルの友人Yが参戦していて「聖母降臨した」と教えてくれたのでマジ行けばよかったと思いました。「聖母広報頑張ってたからソロコン行こうかな」とまで言っており、はるばる埼玉まで(インスタで無邪気にdisりながらw わたしもYも元埼玉県民なのでようこそ〜でした)来てくれた甲斐があったねと。DVDに収録してもらえると信じて待ちます。

 なおYとは結局、ほっともっとフィールド神戸の最終日に参戦する計画を立てております。ZOZOは迷ってるうちに申し込みそびれちゃったんだけど、今すごくリンガリンガが聞きたい。きっとイケてる路線で攻めてくるであろう聖母コンのグッズ展開やVCR、一人でのMCや公演が進むにつれて大きくなる衣装の穴を見守りたい。聖母の口から「ほっともっと」という単語を聞きたいし煽られたい。邪念しかない。

 何の話だっけ……? ああそうだ、スンちゃんから意識を逸らすために、セトリ振り返りながらコメントしようと思ってたんだ。セトリセトリ。いやセトリの前にニコニコ生放送のテソンさん番組に触れておいた方がいいかな?

live.nicovideo.jp

 ミニアルバム発売&ドームツアー記念にと、2/11(土)に特番の生放送がされていたんですよね。わたしはタイムシフト予約して課金しないでいいところだけ見ました。BIGBANGファンイベントでおなじみの古家さんを司会に迎え、テソンさんと2人でトークしたりドームツアーの企画を募集したり。ファンイベントには正直あまり興味が無くて足を運んだことがないのですが、古家さんの穏やかで気遣いに満ちたお人柄、長い付き合いを感じさせる暖かいトークは素敵だったので、いつか……と思いつつ2017年のペンミもパスしてしまった。いやペンミのために国境越えるのはちょっとしんどい。

 で、そこで事前に募集していたツアーグッズ希望やテソンさんにやってもらいたいことが、なかなか面白くてですね。脂取り紙や、テソンさんの声の入った目覚まし時計(人形になってたけど)は実現されてましたね。あとヨガ! 先に参戦した友人Yに「ヨガあったよ」と教えてもらったときは何じゃそれと慄きましたよ。ドラムも嬉しかったなー。トーク部分はもはや記憶の彼方なので、はっきり覚えているのはテソンさんが「僕を消費して云々」と言っていたことくらいです。「白のタンクトップ衣装を着てほしい!」って要望に関連してだったかな? ああご自分が消費されているという感覚をお持ちで、しかもそれをオープンに語られている……と結構なショックでした。消費しまくっており大変申し訳ございません。生身の人間に暴力的な欲望を向けている自覚はじゅうぶんにあります。ご本人に対しては、オブラートに包んだやわらか〜いお言葉として届けたいです。

 LINEでも直前に特番を放送していたようですが、中国SIMカード入り携帯ではLINEを使うことが不可能なのでこちらは諦めました。残念。

 ニコ生の要望を受けた今回のグッズ、すごかったです。ツイッター上で回ってるのを見た方もいらっしゃると思うんですが、グッズ一覧がスーパーや家電店のチラシ形式を取っておりましてですね。会場のグッズ売り場にどーんとこれが。ぐしゃぐしゃになってしまったけどチラシっぽい紙の質感が分かるということでひとつ。

f:id:mrbk:20170426223304j:image

 クオリティ高い……。K-POPクラスタではない友人MUが写メってツイッターにあげたものが地味にRTされていたのも納得のクオリティ。テソンさんを模した(のよね?)キャラクターグッズの数々、これデザインbyカンデソンなんですか? ペンライトめっちゃ持ちにくくないですか? 一泊セットって何ですか? なぜコンサートで桶を売ろうと思った?(買ってる方は結構いた)

 わたしは一日目のお昼頃行ったのですが、脂取り紙売り切れてて残念でした。ペンライトとタオルだけ買いました、5000円には達せずポケットティッシュはもらえなかった。ネックストラップがペットボトルつけられるやつなら欲しかったなー。ちなみにあのペンライト、会場で目視確認した限りではアリーナは半分、スタンドは1/3〜1/4くらいの人が持ってました。いつものBIGBANGライトの方が多かったです。次のBIGBANGコン時もし荷物に余裕があったら、いつもの鈍器に加えてD君-LIGHTも持参しようと思います。いつもあの鈍器だけで邪魔やなって思う。グッズ詳細はここから見れるよ。てか会場で呼び込みしてたうどんって公式企画だったんか……笑 行けばよかった。

 さてセトリ行こう!!!

  1. Intro(君へ)
  2. VENUS
  3. D-Day
  4. 全力少年
  5. 陽のあたる坂道
  6. Anymore
  7. The Sign
  8. SHUT UP
  9. 醒めて、眠れ
  10. 近未来
  11. ハルカゼメロディ
  12. Rainy Rainy
  13. Dress
  14. WINGS
  15. じょいふる
  16. Hello

アンコール1

  1. どうにもとまらない
  2. 古い日記
  3. ナルバキスン
  4. VENUS
  5. じょいふる(二日目のみ・位置ここだっけ?)

アンコール2

  1. D-Day
  2. 歌うたいのバラッド

 全体を通して思ったのは、テソンさんずっとステージにいる……!!! でした。すごいいる。全然引っ込まない。歌が終わってもMCがある。MCのあとに歌がある。VCR少ない。ステージ上に常にいる。そういえば歌手系のコンサートってこうだった気がする。そして一人で三時間きっちり回してる。セトリ出てきたとき曲数数えてびっくりした。Intro抜いても21曲、最終日はスンちゃんとのじょいふる二回目が加わって22曲。喉大丈夫ですか?!

 MCももちろん通訳無しで一人で回し(ていたのでスンちゃんが来たときの情報の増え方が半端なかった)、オールジャパニーズ、と韓国から来たファンのために少々の韓国語。歌もオールジャパニーズ。「僕は日本語頑張ってる」って二日目のMCで言ってたけど頑張ってるにもほどがある。偉い。

 最後に、グッズやVCRのクオリティが高く、かつ本人に合っていた。ファン歴の浅いわたくしと友人Yは大満足で、何て素晴らしいのだろう、こんな仕事をしたのはどこの会社なんだろう……と考えてしまうほどよかった。これテヤンさんやじーどらさんでやったらきっと顰蹙ですよね。スンちゃんならできるかもだけどね(経営の片手間でもいいから歌出してくれ)。ちゃんと見込み分売れたのだろうか? と若干心配にならずでもないが、素晴らしい出来だったと思います、有難うございました。

 つまりとってもいいコンサートツアーだったということだよ。DVDお待ちしております!! 以下更にどうでもいい覚書です。

 

Intro(君へ)

 画面に歌詞が出てきてスタート。この曲の入りを聞くといつもラルクHoneyを思い出してしまうのだった。もはやカバーしてほしい。乾いた風を絡ませあなたを連れて行ってほしい。

 

VENUS

 この歌ね、最高なんですよ。最高。聞いてない人とりあえずこれだけ買って?

VENUS

VENUS

  • D-LITE (from BIGBANG)
  • K-Pop
  • ¥250

 アルバム買ってざっと聞き流したときに友人Yと「最高では?」「これが我々の求めていた曲」と言い合って(そのときは他の曲に関してはここまでテンション上がりませんでした)ひたすらリピートしてた。そしたら彼女が西武ドームの後に「わたしの聞き間違いじゃなければVENUS二回やった」と教えてくれてやっばい最高よく分かってる。わたしたちはそこまで精力的に情報を取りに行くタイプのオタクではないので笑、「これがいきものがかり提供なのかな」「テンションとか歌詞の遊び具合がそんな感じするね」と喋ってたんですが、やっぱりいきものがかりの水野さんだったんですね。じょいふるといいVENUSといい足を向けて寝れないね。

 全体的に言葉遣いがかわいいんですけど、サビの「クラクラしちゃうんだ」「フラフラしちゃうんだ」、「〜ちゃうんだ」が何度聞いてもかわいくてすごい。「もっと」の声の抜き方が好きだ。今初めてしみじみと歌詞を見てるけど(というのはテソンさんの日本語の発音がすごく自然だから歌詞を見る必要がなかった)同じくサビの「ぐっぐっDon’t Stop」って「Good Good」ではなく「Groove Groove」だったのか。笑 しかしVENUSはVIPじゃなくてテソンさんである。間違いなくあなただ。DIVAというとテヤンさんなイメージだけどVENUSとかANGELはあなたです。

 生のパフォーマンスもよかったですよ! メタリックの豹柄ジャケット&インナー+黒パンツでステージに現われるテソンさん。さすがK-POP一豹柄が似合う男(個人の見解です。ちなみに二位はSomethingのシム・チャンミン)。わがまま言わせてもらえばジャケットの形はもうちょっと絞った方がとか、メタリックすぎて豹柄がいまいち見えないから2016年a-nationの豹柄シャツくらいでもよかったとかありますが、輝いていたのでよしとする。豹柄を着てくれただけで感謝します。よく分かってる。よく分かってるスタッフ!! というか今ツアーを構成する全てがテソンさんの魅力を存分に引き出しており、スタッフ心からすごいと思った、スタッフに感謝の言葉を捧げたい、QRコードからアンケート送るね。

 揺れて揺れて揺れ〜のとこで腕をふらふらさせてるの初っ端から超かわいかったよ。もう頭の悪いことしか言えなくて申し訳ないんだけど。間奏のとこでジャンプ煽って……たよね? D-Dayじゃないよね? D-Dayもだっけ? とにかくこの曲をオープニングに持ってきてくれてありがとう。

 

D-Day


D-LITE (from BIGBANG) - 'D-Day' M/V

 今初めてMVを見てちょっと度肝抜かれてる。こいつぁすげえな。うん。恥ずかしい感じに撮ったって自分で言ってたけどこいつぁ恥ずかしいぜ。そしてどうしてもタートルネックを着せたいのだな。

 この歌が今回のアルバムのタイトル曲でありツアー名でもあります。韓国でよく使われる言葉だそうです。わたしはD-LITEのDからこじつけたのだと思っていたよ。インタビュー読んで知ったよ。しかしこのインタビュー衣装完全にSMアイドルと間違ってるよね?笑

mdpr.jp

 作詞作曲は秦基博さん。明るくて春っぽいメロディーです。曲だけ聞いたときは優良可なら良って印象で、これよりVENUSをタイトル曲にすればよかったのに~と思っていたんですが、生で聞いて考えを改めました。タイトル曲はD-Day以外になかった。なぜなら歌詞がすごい。

初めて見る光 初めて聴くメロディ
今から僕の人生は始まる
初めて知る痛み 初めての温もり
君が何もかもを塗り替えたんだ
今日がD-Day

D-LITE(from BIGBANG)/歌詞:D-Day/うたまっぷ歌詞無料検索

 この内容を! ソロでは初のドームツアーで! ペンライトの光に包まれて歌い上げるんですよ。最終日なんて二階席まで埋まってた、満席だった、真っ暗なドーム内に輝く5万人分のペンライトの光が全てステージに立つテソンさん一人のために振られている……初めて見る光を演出したVIPの前で今から僕の人生を始めてくれるテソンさん……何これすごい……泣く……!!

 D-Dayも2回歌ってくれたので計4回聞いたんですが4回とも泣いてた。二日目はドームが満員ってことだけで泣けたんだけど本当におめでとうございますだった。立ち会うことができて幸せでした。

 

全力少年

 これは跳びまくってたね!! BIGBANGのステージでは飛んだり跳ねたり回転したりってテヤンさんの担当じゃないですか、あの人声もスタミナも無尽蔵なのかなっていつも思うんだけども、テソンさんもなかなか頑張るんだね!?笑 先ほどのインタビューで「毎日平均で1時間半〜2時間運動してる」と答えていて驚いた、だってあんまり飛び跳ねてるとこ見たことないから……長居のコントMCとか身体張ってるなと感心したけれど、BIGBANG全体で見るとテヤンさんのパフォーマンスが目立ちすぎてだな。それもあって聖母コンに行きたい。聖母、あなたの運動量はいったいどこから……?

 三塁側の通路の方でぴょんぴょんしていた記憶です。一日目も二日目も遠くからぴょんぴょんしていたのを眺めて泣いていた気がします。もしかしたら一塁側にも来たのかもしれないけど基本的に彼が近づいてきたときの記憶がありません。

 

陽のあたる坂道

 これ誰の歌だっけ……と地味に忘れたまま過ごしていたんですがDo As Infinityだった。リリース日を調べて発売当初わたしは中学生だったのか、と愕然としました。この頃はテレビも見てたしJPOP聞いてたからまだ分かるぞ。Do As Infinityいきものがかりも亀田誠二さんがプロデュースしている。へええ。すみません無知で。

 テソンさんが越えてきた坂道、その先にあったものが幸せでありますように……と祈りながら泣いていた気がします。照明が綺麗だったかな? バラードのときは大体泣いてたから記憶ないんだよ!

 

MC1

 ミニアルバム二週連続オリコン一位おめでとうございますイエーーー!!!

「CDショップに行くとピンク色の服を着た男のアルバムがありますから、聞くと良い恋ができるって噂もありますし、皆さんにも体験してほしい」的な宣伝の仕方をしていたような。恋かよ!笑 いつも歌を出すときはこれが最後かもと思って出してます、と仰ってましたね。今回いい結果を残していただけて本当によかったです、次のプロジェクトもすごく楽しみにしておりますので、あの、兵役行くなら早く行って帰ってきて……笑

 一日目は「皆さん僕がジャンプしてって言うと跳んでくれてる、のかと思いきや、実は膝だけ曲げて跳ぶ振りをしてる、跳ぶ振りうまいですね〜」とか言ってたなw 一応ジャンプ禁止ってなってますしね。

 客いじりもありました。一日目には前方にいた男性四人組を「男のソロコンに来るなんて微妙ですね」と冗談めかして。どのアイドルもそうだけど、男性が来てくれると嬉しそうですよね。二日目なんてかなり野太いテソンコールがあちこちからしてたけれども。二日目に前方にいたカップルの男性の方をいじっていたのもこのタイミングかな? 男性に対して「彼女への愛を表現してください!」と無茶ぶりし、男性がドームに地声を響き渡らせ、テソンさんはフランス産の水をプレゼントしてらっしゃいました。あそこに置いてある水ってボルヴィックなの?笑

「五人でのステージも好きだけど、一人で立てるこの瞬間が一番幸せ」みたいなこと言ってましたよね。本心でありますように。

 あ、二日目にサプライズでアルバム制作陣からのビデオレター流れたのもここ? 亀田さん、水野さん、秦さんの三人からメッセージが出ました。テソンさんはステージ上に膝をついて見ていました。本人には知らされていなかったらしく、「僕知りませんでしたよ、言ってくださいよ、昨日来てた皆さん知ってるでしょう、昨日はなかったよね!?」。

 いきものがかりの水野さんが「D-LITEさんは打ち合わせのときからすごく明るくて(中略)コミカルな曲も考えてたんですが、激しい曲をやりたいと思ってVENUSを作った」的なことをコメントされており、感謝、感謝です、正に求めていたものを作っていただき有難うございました、と祈りを捧げました。

 

Anymore

 新アルバムの最後の曲です。こんな高い声を張り続ける曲をコンサートでやったら喉が大変なんじゃないか……と勝手に心配していましたがこの後も好調に声を出し続けていました。フォロワさんが好意的な感想を仰ってたのでわたしも好きになりました(影響を受けやすい)。歌うのは大変そうだけど迫力のある歌声を生で聞けてよかったです。

 

The Sign

 絢香さん作詞作曲とのこと。照明が……綺麗だったような?(適当)ごめん記憶ありません!

 

MC2

 何喋ってた……? MCちょいちょい挟まってたから分からなくなってしまった。あれか? 二日目に、「昨日は会場の反応があんまりよくなかった」ってぶっちゃけてたとこか?笑

「僕だってMC面白くしようとすればできるんですよ、でもあんまり先に決めるのは好きじゃないから、その場の雰囲気でやりたくて……」「僕は日本語頑張ってるし、後ろのサポートメンバーもすごい頑張って熱気送ってくれるし、なのにMCが面白くなかったら皆さんのせいですから!!」

 一日目、アリーナにいるからあんまり反応の声聞こえないのかな〜と思っていたけど実際歓声が小さかったみたいですね。二日目はたくさん呼ばれてたし笑いも大きかったよね。何せ二階も埋まってましたし。

 でもそれ、一日目は指摘できなかったんだ、と。笑 言ってくれればもしかしたら反応大きくなったかもしれないのに。でもそれで盛り上がらなかったときがお通夜すぎるから黙ってたのかな。一日目は「今日楽しすぎて明日動けないかも〜」とも言ってたけどなw 前に韓国番組でじーどらさんが「テソンのコンサート行ったら反応が悪いからって舞台袖に引っ込んで、出てきて説教してた、すごかった」的なエピソード語ってましたが、はっきり言ってもらえた方がこちらとしても応じようがありますよね。難しいね。

 会場全体を順番に指して、上からは天使が見守ってるとか何とか二日目に言ってた気がするんですが、天使はあなたなのでしっかりしてください。

 

SHUT UP

 一日目は「熱い水」「辛い水」とよく分からないことを言って会場を戸惑わせてから「僕は皆さんが何を思ってるか分かります。SHUT UP!」で始まったから皆そういうことだったのか〜と納得してました。二日目は、MC後に「疲れた〜一時間くらい休んでてください」と舞台に引っ込んでしまって、イントロが始まると同時に歌いながら出てきたんですけど、「やめー!」って途中で音楽止めたんだよね。「スタッフが勝手に流しちゃったから慌てて出てきたんですよ! 最初からやらせてよ!」と。何かトラブルでもあったのかとびっくりしたよ。笑

 この歌のサビ好きです。テソンさんが「唇」って言うとドキッとします。

 

醒めて、眠れ

 サビの前のところでテソンさんぴょんぴょん跳んでた! わたしも跳んでる振りを頑張りました! 二日目の満員のドームでライトが揃ってぴょんぴょんしてるの見ると泣けます。

 

VCR1(ヨガ)

 ヨガな!!!!!!

 どう実現したんだ? と真剣に不思議だったけど、VCRという手がありましたか。てかニコ生ではテソンさんも古家さんも「コンサートでヨガってw」と苦笑いしてたのに実現させたんだ……しかもこんなに面白い形で。すごい、本当にこのツアーの製作陣はすごい。

 コンサートで疲れた身体をほぐして後半も頑張りましょう、というていで、テソンさんがヨガレッスンをするんですよ。木のポーズとかするんですよ。一日目はアリーナで頑張ってやったよ。だって「ちゃんと立ってる? 僕の目は小さいけど見えてますよ」とかアナウンスされるんだよ。ヨガをやりつつ笑いを取りつつグッズの宣伝までする、大変欲張りなVCRでした。会場は笑いに包まれておりました。あっぱれとしか言えない。

 

近未来

 衣装を変えて、一塁側からトロッコで登場。この衣装がね……光沢のある赤のジャケットに光沢のある赤黒のシャツなんだけど、ジャケットの後ろがスパンコールだかラメだかの虎なんですよ。この記事の3枚目の衣装、後ろは映ってないんだけど。

mdpr.jp

 阪神? 西武ドームでもこれ着てたの? 近未来とハルカゼメロディって爽やか一直線の曲をトロッコからカラーボール投げながら歌うテソンさん、の背中は虎。虎? ライオン? とにかくネコ科の猛獣。豹柄の次は赤ですよ。いいチョイスです。アンコールの「どうにもとまらない」はこの衣装で歌ってもよかったのではないか。笑

 

ハルカゼメロディ

 作詞がテソンさんらしい。ということはタイトルも彼が付けたのか。アルバム曲一覧が発表されたときにまず目に飛び込んできたのがこれで、「ハルカゼメロディとは……」と友人Yと首を傾げておりました。春っぽい爽やかさと明るさのJPOP曲です。まあ、衣装は赤と虎なんですけど。

 つーか今回のアルバムのビジュアルではあんなにピンク♡ タートルネックのモヘアニット♡ ほっこり♡ で推してたのに、ステージ衣装は豹で虎なんだねっていう。わたしはBIGBANGにはチンピラ衣装着てもらいたいので大賛成なんですけど、当日の彼のビジュアルにはほっこり感は欠片もなかった。でもピンクのモヘアニットはなかなか似合っていたと思いますよ、欧州王子様チックな衣装以外は大体何でも似合うのかも。

 つーか日本語で作詞ってすごいよね。今更ながら。

 

MC3

 トロッコから投げたカラーボールについて、「今日僕が自分で手書きしたんですよ、嘘じゃないです! だから家までちゃんと持って帰ってください、ゴミ箱では見たくない」、でサイン中のテソンさんのお写真が映し出されますが、二日とも同じものだったと思います!笑

 お母様とやすともによるカンペコーナーがあったのはここだっけ?? この次だっけ? まあいいや。

 一日目も二日目もお母様がいらしてたんですよね。「僕の大事な人が来ています……メンバーじゃないから緊張しないでください、実はお母さんです!」、スポットライトが後方にパッと当たって、関係者席のお母様がカメラに抜かれて。日本語のカンペを持っていて、テソンさんが読みあげながら、お母様がめくっていくんですけど、そのメッセージがもう泣くしかない内容で……。散々テソンさんを(性的に)消費しといて、更にお母様との関係性までエンタメ化して泣くのかお前は、それはしてもいいことなのか、と自問自答しつつ、ぼろぼろ泣きました。

 一日目と二日目で3ページ目以降の内容が変わっており、二日目なんて「たくさんのママの中からわたしを選んでくれてありがとう、テソンはママにとって世界一の歌手であり、最高の息子です」的なメッセージなんだぜ!? ファンへの感謝もあってさ、全部ひらがなカタカナで書いてあって。日本語でやる?! そんな大事なことを日本語で五万人の観客の前でやっていいんですか!? そこまで自らの身を切り売りしなくてもいいのでは!? などとぼろぼろ泣いていたわたくしに言う権利はございませんが、ただお母様も、一日目にいらしていたお母様の妹さん方も大変いい笑顔を見せてらっしゃったので、まあいいか……と思うことにしました。息子さん死ぬほど素敵です。しかし最後は「なにかみせて」で締める。笑

 一日目はやすともさんも来てました。テレビ大阪の「やすとものどこいこ!?」にテソンさんは二回出演してるのよね。東急ハンズかどこかでお買いものしてたよね。「SOLさんじゃなくてすみません」と仰っていたw

 お二人は漢字混じりのカンペメッセージを出していて、テソンさんはゆっくり読んでいたんだけど「昨日」を「明日」と読み間違え、「漢字は分かんないよ」と言ってたんだよね。日本人や、中国語母語の日本語学習者にとってはひらがなカタカナばかりの方がもちろん読みにくいわけなんですが、テソンさんの年代の韓国語母語者も漢字よりひらがななのかなーと思ったりなど。中国語でも昨日は昨天で明日は明天じゃないですか。そこでの取り違えはまず起こらない。……ってことは仮に韓国語母語者が中国語のカンペを出されるとしたら拼音の方が分かりやすいのか? 知人のインド人、簡単な中国語会話はできるけど読み書きはさっぱりっぽかったもんなあ。本筋に戻ると「昨日は何をしてましたか?」って質問で、「お母さんとお寿司食べました」と答えてました。微笑ましい。

 

Rainy Rainy

 後方のスクリーンにしっとりした映像が流れていた気がするのだがあまり記憶がない。

 

Dress

 この曲、歌詞がスクリーンに出てたね。近未来とハルカゼメロディも出てたかな、そのときは皆トロッコを見ていたので効果のほどはいかほど……と思いますが。Dressのサビの「君は笑うだろう もし僕が今も 初めて出会った頃と変わらないまま ときめいてるって知ったら」という歌詞を聞くとどうしようもなく恥ずかしくなってしまうんですが何なんでしょうね。

 サビの裏声の高音がさすがに出てなくて、喉……! と思いましたが、最後の方はシャウトっぽく出していたような気もする。

 

MC4

 ここのMC何喋ってたっけ?? くほすき(レイジーな好きの略語でありテソンさんとテソペンとの合言葉らしい)? 一日目にステージからセンステまで走って二往復したのここ? センステ前の席でこっちにぴゅーっと走ってくるのを見たら叫ばずにはいられませんでした。

 二日目に「(こんなに疲れてる僕にまだ歌わせるなんて)皆さんどSですね。僕はどM。相性がいい……」とか言って悲鳴を上げさせてたのはいつ?

 

WINGS

 WINGS聞くとさ〜〜〜テソンさんというよりBIGBANGのコンサートに行きたくなってしまうんだよ〜〜〜行かせてくれ〜ってか皆いつ兵役行くんだよ〜〜TOPさんだけ先に一人で戻ってきちゃうコースなのかよ〜〜テソンさんテヤンさんに続いてじーどらさんワールドツアーおめでとうございます! 一人だけワールドとはさすがの規模だな! 9月まで日程出てたけど本当どうするんですか、そしてマンネは何もしないんですか!? ラーメン屋もいいけど歌うたってくれよ〜〜〜!! でも君が好きなことをするのが一番だから経営が楽しいならどんどんやってください。好きです。落ち着いた頃にラーメン食べに行くね。

www.instagram.com

 

じょいふる

 じょいふるって曲の最後でセンステに出てくるんですね、一日目、センステで腕をぐるぐる回すテソンさんの顔を裸眼で見つめながら、わたし2017年の運はここで尽きたと思いました。こんなに幸せなことがあっていいのか……。

 中盤ではいつものコール&レスポンスがあります。ドームを半分に割って三塁側にわざと難しいお題を出し、三塁側が応えられないと「こっちの照明消してくださ〜い!」、次に一塁側に簡単なお題を出して、一塁側はもちろん応える。「ほらこっちはできるでしょ〜! じゃあもう一回チャンスあげます」、で三塁側もクリアさせてもらえる。二日目は三塁側の代表としてアリーナのお客さんを一人指名してましたが、あれものすごく緊張すると思うよ……もちろん簡単なお題にしてくれてたけど、死ぬでしょあんなの。無事クリアお疲れ様でした。お水もらってました。笑

 

Hello

 この曲が絢香さんのカバーだったのか!! わたしは大学生になって以降は日本芸能界に触れずに生きてきたので、彼女の曲は三日月を知っているかもしれない……? くらいで、でもシングルカットはされてないっぽいな。サビは歌わされるからもっとちゃんと予習しておけばよかった。とりあえずハローハローだけ言ってた。

 あれっドラムってどこでやってた!? ニコ生でリクエストされてたドラム、ちゃんと実現されていました! めちゃくちゃかわいい&かっこよかったです!!

 

VCR2(グッズ紹介)

 最高のVCRその2。わたしは2016年からのBIGBANGファンですが、この人たちアンコール待ちのときにVCR流してくれるから観客がコールする必要がなくて、わたし個人は楽だなって思っちゃうんですよね。MADEのVCR最高だったし。FINALでは「ジヨーン!!!」ってちゃんと叫んだけど。

 土手の階段の上からごろごろ転がってくるサツマイモ。それをすかさずキャッチし、上にいる女性に「サツマイモは重いから気を付けてね」とか何とか言って渡すテソンさん。髪型はMADEか? 何じゃこの始まり方は……と思っていたら、D-LITEテレフォンショッピング〜!! そう、ツアーグッズをテレフォンショッピング形式で紹介するというていのVCRなんですね。めっちゃ頑張ってるんですよ。細かいんだよ、特にグッズ紹介映像の後に表示される価格&お支払方法&納期のところが。価格は基本円表示でしたが、バーツだったりペソになったり、納期は脂取り紙が「大人の階段上ったら」とかD君-LIGHTは「あなたのお手元に既に届いているのでは」とか。届いておりますとも。

 D君nanoblockの紹介時、テソンさんのLEGOブロック大好きネタが出てきて(わたしはこのとき初めてだからnanoblockなんて出したんだ……とようやく思い至った)、「僕にとってLEGOLET’S GOです」などと言いながら大きなLEGOセットを開けて組み立てており、その最中にイライラしてバン!とブロックを叩いていたテソンさんがかわいかったので早くDVDを出してくれと思う。

 KPOPアイドルとLEGOといえばわたしの中ではテソンさんとチャンミンですが、テソンさん、LEGOを前にしても全然気持ち悪くならなかったな……。チャンミンをdisるつもりはない、あいつのいいところは好きなものを前にするとオタク気質全開にして目を輝かせるところだと思っている。わたしはこれでもチャンミン推しです。二人ともレゴランドに遊びにくればいいのに。FINAL名古屋でテヤンさんが「名古屋は何もないけど」と言ってたけど今はレゴランドがあるよ!! でもテヤンさんLEGOって感じしないな!

 

どうにもとまらない

 このザ・歌謡曲なイントロとともに、ツアーグッズのブルゾンに黄色いル・オタ(タオル)を首にかけて出てくるテソンさん。しかし黒パンツは変わってません、これ絶対最初から最後まで同じパンツ履いてる。MADEと一緒。BIGBANGの衣装はSM比シンプルで好きですが、それにしても省エネすぎではないのか。いや好きだけど。ブルゾン欲しくなったけど。

 とまらない・とまらない・どうにもどうにもとまらない、をテソンさんに合いの手を入れてもらいながら歌うの楽しかったです。うまいね! うまいよテソンさん! いい声だよ!

 

バンドメンバー&ダンサー紹介

 わたし……普段あまりこのコーナー真面目に見てないのですが(申し訳ございません)、やはりソロコンだと非常に大事だなーと思ったりいたしました。皆さん楽しそうでとてもよかったです。

 特に飛ばしていたのはマニュピュレーターの方。一日目はグッズのどんぶりに盛ったうどんに激辛ソースを振りかけて結構な量を食べ、二日目はテソンさんのステージ上の台詞を、あれ何ていうの、マンダリンみたいな形の機械で、各ボタンを押すと別々の台詞が流れるようになってて、それを使ってリズミカルな演奏をしてらっしゃって。その台詞の選択が結構性的な……性的に聞こえ……聞く側の問題か!? 確か二日目に、ギターの方が黄色い鎖でもってテソンさんをぐるぐる巻きにし始めたときにも「大丈夫か!?」と思ったけどこれも見る側の問題か!?

 バンドメンバーの各人が何らかのネタを仕込んで披露していた中で、お一人だけ照れくさそうに演奏のみで終わらせていたキーボードの方にも和みました。皆がネタに走りたいわけじゃないし、自由にできる環境というのがいいと思います。

 

古い日記

 これ毎回「赤い日記」って呼んで友人Yに「古い日記だよ!」と訂正される。ハロプロのユニット曲で「赤い日記帳」ってのがあったせいなんですよ。もう一生赤い日記と呼び間違え続けそう……。

 言うまでもなく楽しいよね! ハッがめちゃくちゃ揃うよね! 音源の声がすごく和田アキ子っぽい。しかし衣装的にはやはり2着目で歌うべきだったのでは?笑

 

ナルバキスン

 お馴染みの大人の手拍子から始まるナルバキスン。皆頑張ってついてってたよ!

 これもセンステに出てきたのではなかったか……一日目はセンステにテソンさんが現れた時点で記憶が飛んでいるのでよく分からない。二日目はスタンドから普通に楽しく踊ってました。ヨガVCRがレクチャーしてくれたから初参加の人も問題なかったことでしょう。会場中が顔の前で手をくるくるしてるの面白いし、何度聞いても楽しい曲です、じーどらさん有難う。

 

VENUS

「会場の皆さんが僕にとってはVENUSだから」と前置きして歌い始めるVENUS二回目。最高です。これまでのテソンさんオリジナル曲の中で一番好きな曲をオープニングと終盤の二回も聞けるだなんて最高です。有難うございました。

 ここでテソンさんは一度裏に引っ込むのだが、スクリーンに「帰しちゃっていいの?」的煽りメッセージが浮かび上がり、一日目は「D-LITE」、二日目は「カンテソン」の点滅が始まりました。ディライトってコールかけるの初めてだな、と思っていたら二日目にカンテソンに変わっていたからすごい空気読まれてた。二日目は初参戦じゃない人が多かったのでしょう、スクリーンに煽られる前にガンガンコールがかかっていて楽しかったです。

 観客がコールをし、バンドメンバーがVENUS間奏を弾き出し、テソンさんがステージに出てきて「I love you only you」を歌い、また引っ込み、観客がコールをし、を繰り返すこと5、6回……? テソンさんのお前らもういい加減帰れよって顔芸と、棒読みの「今日は本当にいい思い出になりました、有難うございました」。楽しかったです。この人、こういうことやらせるとすごく上手いよね。

 

バースデーサプライズ

(位置ここでよかった!? 間違ってたら後で直すね!)

 死んだ。いやマジで。

 テソンさんのお誕生日は4/26です。最終日4/23、ドームに入った客にスタッフが手渡してくれたのはバースデーバナー。表はあの笑顔とHAPPY BIRTHDAYの文字、裏は力強いフォントでの「なにかみせて!」。そんで終盤、バンドメンバーとダンサーとテソンさんが手を繋いで一列に並んだところで、スクリーンからサプライズの準備を、とメッセージが。皆ごそごそとバナーを取り出し、コーラスのお二人の音頭でハッピーバースデーディーラーイトを歌い始めた……ところに、

 スンちゃん登場!!!!

 発狂でしたよね。発狂というのが相応しい悲鳴が会場を揺らしていました。もう声を限りに叫んだから。これまでのコンサート参戦の中でも一番の叫び声だったから。とんでもなかった。とんでもなかったよスンちゃん。FINALツアー参戦した方々はご存じの通り、「スンちゃんがテソンさんのソロコンに行かない」ってのはMCネタの一つだったわけですよ。いやわたしも全て参戦したわけではないのだけど、ソロコン発表直後の名古屋では散々ネタにされていたじゃないですか。来たは来たけどテソンさんと写真撮っただけでコンサート見ずに帰ったって。

 それがね。初のドームツアーでね。誕生日サプライズのときにね。ケーキと一緒に登場するなんてね。ツアーグッズのブルゾン着込んでるしさあ、壮大な伏線回収、お前マジ勘弁してくれよと。叫びながら泣いたよね。もはや何のために泣いているかよく分かんなかったけどね。萌えかもしれない。萌えだと思うよ。

「先輩ドームツアーおめでとうございます!」と盛り上げたあとの「ハイッ何とかかんとか何とか〜〜〜」という冷静な仕切り、まさにスンちゃんでした。有難うございました。去年12月の福岡ぶりに見たよスンちゃん! テソンさん一人でのMCもじゅうぶん楽しかったけど、二人になるとテンポが上がって情報量が跳ね上がる……萌えも跳ね上がる、受け止めきれない……のでもう箇条書きにする。

  • スンちゃんが上げたインスタ動画のテソンさんすげー苦笑いしてる
  • 「このケーキちょっとキモくない?」わかる
  • 「何しに来たの?」「最近仕事ないから喋りたいんだよ! 喋らせてよ!」「ラーメン屋の宣伝したいだけでしょ! 大阪にもオープンするの?」「実は五月末に……」マジかよ
  • 「ヴィアイ、ツイッターで一位になりたいだけでしょ」「いや……GDさんのインスタフォロワ僕の二倍で、正直羨ましいんです」友人Yに報告したら「本当だ二倍だ」って言ってた
  • 「突然来ることを決めたから『車が用意できません』って言われて、『いいですよタクシーで行くんで』ってマネージャーと二人でタクシー乗って京セラドームって言ったら、運転手さんが『今日はBIGBANGの人のコンサートがあるからたくさん人が行くんですよ』『僕たちもですよ』『お兄さん何してる人?』って聞かれたから仕方なく『ラーメン屋』って」間違ってない
  • 「コンサートの途中で入ってきたらディライトさんが『うん、ああ、うん』みたいな声出してたから何してんのかとビビった」いつ来たんだろう、ドラムのとき?
  • 「てか何で足元サンダルなの!? ステージに上がる靴じゃないでしょ!」と指摘されるスンちゃん、マジで素足にサンダル。この記事の四枚目の写真にばっちり映ってるので見てください
  • 「俺だってフライデーさえなければ今頃ドームだよ?」に対してこそテソンさんはSHUT UPを歌ってやればよかったと思う、Ohベイベ〜さよならは言わないで〜と彼を舞台袖に押し返してやればよかったと思うよ
  • 「ヴィアイ、イヤモニついてるけど(歌いに来たの)?」と顔を近づけて突っ込むテソンさんに対し、スンちゃんの「今日TOPさんから電話来たでしょ?」反撃、ドームを揺るがすVIPの悲鳴。そもそもそれが反撃になると、テソンさんを動揺させることができるとスンちゃんが認識しているという事実が重い
  • 電話の件を指摘されたときのテソンさんの顔が割と真剣に戸惑っていてこちらが戸惑う。二時間外出してそのときに電話をかけたとか? TOP&テソンクラスタの死屍累々って感じでした、スンちゃんはファンが欲しいものを分かっている、何てできるマンネなんだ
  • 「GDさんが寂しがって落ちてたから電話してあげて、『先輩どうしましたか』って聞いたら『ちょっと疲れてるんだよ』って言ってた、後輩からの愛をあげないと」「しよう」という一幕もあり、むしろGD&スンリクラスタに以下略
  • テヤンさんへの言及はなかった、残念
  • しかしスンちゃん現物があらわれてくれたという意味でテソン&スンリクラスタ(?)のわたしが誰より成仏いたしました。兵役中に過去歴史履修しておくね……
  • ところでスンちゃんMCに対して「久々だからか片言になってない?」、スンちゃんが帽子を取ったときに後ろから「老けた?」と声が聞こえてきて噴いた

じょいふる

 最高。最高。最高です。最高。生きててよかった。

 ……だけで終わらせた方がインパクトあっていいかなと思ったけど、こんな長い雑感にインパクトなんて誰も求めてないからやめた。テソンさんとスンちゃんによるじょいふるですよ。FINALツアー再びですよ。夢の時間、夢の空間ですよ。イントロに合わせて二人が横に並んで顔のそばで両手をぱっと開くあのダンスですよ。かわいすぎて泣いた。

 冒頭の「君の声を聞かせて〜」はスンちゃんが歌ってたよね? それ以外はほとんど歌ってなかったと思うけど。でもステージに君がいるだけでもういいから。夢のようだったから。左右に分かれてのコール合戦、わたしは一塁側だったのでスンちゃん側でした!! わーい!! スンちゃんと一緒にラーメンが云々ってコールをしました。「ヴィアイ、リズム感ないな」とテソンさんに毎度ながら突っ込まれておりました。ラーメン食べに行くけどソロで歌も出してくれよ。

 最後、テソンさんが後ろに立って、スンちゃんが前にしゃがんでポーズを取った後に、テソンさんが後ろからスンちゃんをがっしりハグし、スンちゃんが「参ったな」的苦笑をちらっと浮かべたので、わたしは心置きなく天に召されました。それをまたね、スンちゃんはね、インスタに上げたりするんだけどね(写真下)、お前こんなキリッとした顔で受け止めてましたっけ!? 大好き。大好きです。溢れ出るビジネス臭。でも構わないんです、あなたが需要をご存じであればね。何だかんだで3、4回ハグしてましたよ。

www.instagram.com

 テソンさん、どこかのMCでセルフ突っ込みをして「アッこれじゃあヴィアイじゃん! 一番やりたくないことをやってしまった!」と言ってたんだけど、スンちゃんが捌けたあとに「ヴィアイ来てたのにあんなこと言っちゃった……」とマズった顔をしてたの最高にキュートでした。ご馳走様でした。

 

D-Day

「皆さんに『何が聞きたい?』って尋ねても聞き取れないので、テレパシーを受け取ります」、二日目は「テレパシ〜」って会場に言わせてたかな? からのD-Day! 今うすらぼんやりとこの曲のサビのメロディに合わせてかわいい動きをしていたテソンさんのことを思い出しました。わたしは漏れなく泣いていたはずです。

 

歌うたいのバラッド

 コンサートの最後はこれで締めるのが定番とのことで? しみじみと聞き入りました。テソンさんはまさに歌うたいでしたよ。歌手! 歌がうまい!

 

 どの歌で金テープが舞ってたか忘れちゃったんですが、一日目のアリーナで初めて! 初めてテープを取ることができましたやったー! 二本ほど鞄の中に突っ込んで友人MU宅にお邪魔し、改めて何が書いてあるのかな〜と思ったらこれだよ。わたしの撮影技術はお粗末すぎたので友人MUの上手な写真を借りました。

f:id:mrbk:20170426223332j:image

 彼女は「狂気を感じる……」と茫然としておりましたが、わたしも同意です。怖いわ。怖いわこれ。テソンさんの抱えている闇を勝手に受信してしまうわ。メッセージとかじゃなくてこれなのかっていう。まったく金テープまでネタとして美味しいなんて、本当に隅々まで気遣いの行き渡ったコンサートツアーでございました。

 次のステップも心よりお待ちしております!! またソロコン行かせてください! サランヘ!

BIGBANG - 0.TO.10 THE FINAL雑感

 めちゃくちゃ今更だけど忘備録として残します。

 わたしが参戦したのは下記3日程です。この後、特に説明がなければ「京セラ」「名古屋」「福岡」はこれらを指しています。

 ファンクラブ一次で京セラが当たり、二次で名古屋に申し込んで当たり、福岡は名古屋後にどうしても追加したくてたまらなくなり一般で買いました。京セラは天井席の後ろから2列目、名古屋は二階席の前から2列目、福岡はアリーナ&一階しか埋まっていない状態での一階席の後ろの方。福岡二度目かつ平日となるとBIGBANGでも埋まらないのだなあと。これなら一次で申し込めばアリーナの前の方行けたかもしれないな……でも満席の方が本人たちのテンション高いから(特にテソスン)会場にいるなら多少席悪くても満席の方が絶対いいよ。

 

 ちなみに夏に行われた2016/07/29(金)大阪・ヤンマースタジアム長居にも参戦、DVDは大晦日に友人Yと同時再生して年越ししました。これ本当にいいDVDなのでおすすめです。

 

 セットリストは夏も冬もほとんど変わらず。わたしはテソンさんソロが古い日記だった分、冬の方が有難かったかな。 WINGSももちろん大好きですけど。どっちも聞けてよかった!

  1. My Heaven
  2. We Like 2 Party
  3. Hands Up
  4. Bad Boy
  5. Loser
  6. ガラガラGo!!
  7. Let’s Talk about Love
  8. Strong Baby
  9. 古い日記
  10. ナルバキスン
  11. じょいふる
  12. Heartbreaker
  13. Crayon
  14. High High
  15. Good Boy
  16. Pretended
  17. Doom Dada
  18. Eyes, Nose, Lips
  19. Only Look at Me
  20. Ringa Linga
  21. If You
  22. Haru Haru
  23. Bang Bang Bang
  24. Fantastic Baby
  25. Sober

Encore

  1. Last Farewell
  2. Feeling
  3. Lies
  4. 声を聞かせて
  5. Bae Bae

 にしても楽しいツアーでした。曲は好きだし煽るの上手いしMCも面白いし、もっと行けばよかったです。今回はSoberのMVが開始の合図だったんですねー。毎回ふぁんべびなのかと思って京セラではそわそわしちゃったぜ(2016年後半から二次創作に戻ったため、BIGBANGに限らず情報収集はほとんどしていません)。

 福岡の翌日はEXO京セラ参戦だったんですが、EXOのセトリがほとんど休憩なしの若者向けすぎて、そろそろ座らせてくれ……と後半結構つらかった記憶。BIGBANGがいかに小まめに休憩タイムを設けていてくれたかを最後の最後に知りました。30代以降に優しい作り。まあコンサートの長さ自体、1時間弱短いんだけど(EXOはMCで通訳があるので1.5倍の時間がかかり、歌パートも多少多い)。

 TOPさん以外の四人はいつ入隊なのかなあ。ものすごく寂しいけど、日本最終日のDVDを購入して友人Yと同時再生するのと、4月のテソコンを楽しみにとりあえずは生きます。ヤンマーDVD鑑賞が楽しすぎたから、今月末にMADEを二人で見直す約束はしてる。それも楽しみ。

 以下セットリスト順のメモ書き。 


My Heaven

 空模様のセットから現れる五人を見ただけで泣けてくるオープニング。日本でのデビュー曲らしいですね。曲調としてそこまでアゲアゲではないのに容赦なくジャンプさせようとするスンちゃん。好きだぜ。


We Like 2 Party

 大阪同行した友人MUに「曲のテンション的に最後の方にやるやつでしょ?」と聞かれ「そうだよ~」とMADEの記憶だけで答えたけど全然最後じゃなかった、冒頭だった。じーどらテヤンスンリ/タプテソに別れてトロッコでバックステージにやってくるんだけど、トップさんとテソンさんがいちいちいちゃいちゃしていたことしか覚えていない。手と手を取り合いくるくるダンスしてたのは名古屋? 福岡?

 福岡での席が肉眼でトロッコ見える程度だったので、テソンさんがファンサするところを正面から見て泣いた。別にわたしにファンサしてくれたわけではない。そんなに近くない。でも両手を振ってお辞儀している彼を見たら泣けた。


Hands Up

 こんなテンションの曲の間もずっと泣きっぱなしだったのであまり覚えていません。手を振ってヘイホーヘイホー言ってました。タプテソダンスはこっちだったかもしれない。テソペンなのでテソンさんがいない方のトロッコはあまり見ていなかった。

 福岡ではTOPさんとテヤンさんが肩組んでステージ歩いてた気がするんだよな、身長差のせいでめちゃめちゃかわいかった……。


Bad Boy

 テソンさんとスンちゃんのいちゃいちゃソング。先に言っておきますけど、わたしの頭がお花畑になったのはBad Boyとじょいふるのせいですから。狙い澄ましたこの2曲がなければ携帯サイトのファンフィクションを漁ることも以下略。MADEではStupid LiarおよびSOBERでのにょんとりが見どころだったと(勝手に)思っておりますが、まさかテソスンを推してくるとはね……ナイス判断すぎて人生を踏み外しかけました。

 京セラでは衝撃を受けすぎてもはや記憶がなく、名古屋は最高にかわいく、福岡ではあまり強くアピールしていませんでした。DVD収録の京セラではキスの一つでもしてくれてええんやで。でも福岡12/11のレポだとテソスンほぼ無しって見たので、もうあまり売ってくれないのかもしれない……。需要ここにめっちゃあるんですけど。お願いしますよ。


Loser

 Bad BoyからのLoser、スンちゃんがステージのセンターに立って始まるんでしたね。Loserのコールは韓国語なら「るーざーうぇとり」のとこだった……気がするんだけども、日本語だと「るーざーひとり」の直後にそのまま歌詞が続いちゃうから、やりにくいですね。これは断然韓国語版の方が好きだ。歌詞の音合わせには感心するが。


Ment

 京セラと名古屋ではひたすらスンちゃんいじりをされていた記憶が。京セラでは、イヤモニにスンちゃんの声が入らないネタで、終盤に振られたTOPさんが「聞こえないよ?」って表情をしているところに、テヤンさんがスンちゃんの台詞を繰り返してあげていて、まるで孫とのコミュニケーションがうまく取れずに、子供に通訳してもらっているおじいちゃんだなと思いました。

 名古屋が「貴様」ネタだっけ? 一日目から貴様言い始めていたらしいですね。TOPさんが「貴様の様ってヨン様の様みたいにプリンスって意味でしょ? だから(スンリは)貴様じゃなくて貴さん」と日本語ジョークを言い出してざわっとするわたくし。表向き口数の少ないTOPさんに対して、「TOPさん喋るんならマイク使って喋って!!」と名古屋で突っ込んでたのはどこのMentだったろうか……あとテソンさんが自分を天使と自称していた手羽先ネタもいつだったか忘れました。「前回手羽先100本食べたら翼が生えて鳥になったので今回は一本しか食べてません」「翼が生えて天使になって皆さんを守ります」みたいな。それに対して「だからディライトがトイレ行ったあと卵が落ちてたのか」とテヤンさんが言い出したとき、この人も変な人なんだなと思いました。

 ヴィアイは自分のネタがないとかつまんないとかテヤン&テソンコンビにぼこぼこにされ、挙句の果てにはじーどらさんに興味ないと言われ、でもそんなスンちゃんを猫かわいがりしてるグループなんだなというのが今年のスンリ誕の感想でした。テヤンさんの怒涛のインスタ更新、「はっぴーばーすでーぶろ!」音声入り動画。Vアプリ配信時にも、マンネラインが「もういいよ!」って言ってるのに「はっぴーばーすでーぶろ!」をしたらしい、とレポで読みました(これ以上摂取すると生活が立ち行かなくなるのでまだ見ていません)。つらい。

 だってじーどらさんがテヤンさんインスタに「しつこい」ってコメントしてたらしいけどさあ、じーどらさんあなた、自分がスンちゃんに「ダイスキデス♡」って告白する瞬間のファンカム(禁止されている)を、自インスタに上げてたじゃないですか。そんな、テヤンさんに変態とかいう資格ないですよ。もっとやれ。ちなみにスンちゃんはしばらくしてからにょんとり市場に媚びたようなインスタ更新(兄sにいじられているスンちゃんをじーどらさんが遠くから見ている写真+嫉妬がどうこうってコメント)してましたけど、ビジネスBL感が強すぎて笑った。計算で生きている君は意識的に売らない方がずっとかわいい。

 テヤンさんは過去に名古屋で2度も誕生日を祝っていたらしく、「名古屋は僕の運命の都市です」と仰ってましたが、続いての「名古屋は何もないからやることなくて暇なんだけど」、この無邪気な名古屋dis。三日目でも言ってたらしいです。笑 福岡では髪型変わってたので、「福岡二回目だから皆さんを喜ばせたくて変えました」的なことを言ってた。わたしの妄想だったらごめん。でもって「ソルさんその髪型だと頭痒いって言ってましたよね!」とスンちゃんにバラされていた。痒そう。

 デビューのときはもっとダンスしてたのに最近踊れなくなったと評判のびっべん、からガラガラGo!への繋ぎトーク、京セラではスンちゃん一人で踊らされて「この微妙な空気どうすんねん!」で曲が始まったんだったっけな。名古屋ではじーどらさんとキャッチボールみたいなことしてた? 「ヴィアイちゃんとパスしてよ!」ってテソンさんに突っ込まれていたのはここのMCか? 福岡で何を言っていたかは記憶がない。


ガラガラGo!!

 思うんですけど、びっべんは全部生歌なんだからガチで踊らなくてもいいよ。笑 わたしはフォーメーションダンスをきっちりされるよりは、歌と煽りと自由なパフォーマンスで盛り上げていただきたい派です。だからSMEより君たちのコンサートが好きなんである。


Let’s Talk about Love

 スンちゃんから幕を開ける各メンバーのソロステージ。ここでとにかく主張したいのは、スンちゃんのソロ衣装が最高ってこと。最高。白地に赤の柄が入った上下のセットアップに身を包んだスンちゃんのビジュアルも最高。マジで0.TO.10のスンちゃんは最高です。MADE期の白髪も似合っていたからあれがピークかと思いきやとんでもない、個人的にはMADEよりもかわいさの点では勝っていたかと(桜に攫われそう度はMADEの圧勝だが)。大事なのは前髪だよ、あの個性的な眉毛を隠してしまうことには賛否両論あろうけれど前髪伸ばしましょうよ。

 ちなみに三回見た中でも初回の京セラがベストオブベストだったというのがわたしの判断です。なぜなら前髪の長さが絶妙だったのと(眉にかかっていたと思う)、衣装にテソンさんとお揃いのフリンジが付いていなかったから。あれはね、ない方がイケメンです。トーク的に美味しいところはあったんだけど純粋にビジュアルの面からいうと、蛇足。茶化さなくていい衣装。

 この歌好きだからフルで歌ってほしいんだけどなー! テヤンさんが3曲ほぼフルで歌うことから考えると、スンちゃんの喉が保たないという意味なのだろうか。弱そうな声質ではある。

 関係ないけどこの授業参観歌番組動画、超大好きです。本人より目立ちまくる父兄超大好きです。テヤンさんの後光が眩しいぜ。

www.youtube.com


Strong Baby

 何度呟いたか分からないけど、Strong Babyという曲をじーどらさんがスンちゃんにあげて、曲の中でスンちゃんが「I’m a Strong Baby」って自称しているという事実に、何度でも萌えます。にょんとりはこわい。テソンさんにはナルバキスンだったのに!!!

 スンちゃんはサビのメインメロディー歌わないで合いの手だけ地声なんだよな。やっぱり喉が弱いんですか? わたしはダンスよりも歌をメインでやってほしいんですよね、彼の声好きなので。ガラガラGo!前MCで言っていたようにダンス班扱いだからか? でもダンスならテヤンさんの方が……いやテヤンさんは歌も……。

 Crack x4のコールを潰して「Say yeah!」「Yeah!」をやるのは若干もったいない気がしている。「スンリー!」って叫ぶのは楽しかった。


古い日記

 テソンさん……最高だよね……。

 長居ではWings日本語版だったのが和田アキ子に変わったことはTwitterで見て知っていたんですが、こんなに会場がノリノリになれるテンションだと思ってなかった。掛け声が簡単なのがいい。BIGBANGはSMEアイドル比で全体的に掛け声簡単だから、おかげで頭を空っぽにして楽しむことができるんだよね。ダメなんですタイミングよく全員の名前を羅列することなんてわたしにはできんのです(こ!じん!まる!)。

 ちゃんとした音源を名古屋参戦前の車中で流したら、友人Yの後輩くんが「この人すげえ本物と声似てない?」と言っていた。わたしは実はそのとき初めて正規音源を聞いたので、めちゃめちゃ良い録音で感動していた。コンサートでもうまいんだけども、あれは神がっている。

 まあとにかく最高だった。三回聞いて三回とも最高だった。顔芸も素晴らしかった。EXOではタオペンだったがゆえに「なぜBIGBANGでテソンなのか」と聞かれることもありますが、わたしはテソンさんの顔も体型も大好きだからその質問は成り立たない。彼の顔が変わったら熱が冷めるかもしれないくらいには顔ペンでもある。

 ちなみに名古屋の前に友人Yに「テソンさんソロWINGじゃなくて赤い手帳だよ」と言ったら「古い日記……」と言われました。失礼しました。 

古い日記

古い日記

  • D-LITE (from BIGBANG)
  • J-Pop
  • ¥250

 

ナルバキスン

 テソンさん本当最高だよね……。

 MADEで聞けなかったから(MADEソウルのテソン誕でやらされていて羨ましかった)、長居から聞けるようになって嬉しいです。サビになると皆あのダンスをやりはじめるから面白いです、あまり客席見る余裕ないけど。じーどらさん天才だなあ、ヒャダイン訳の日本語歌詞もすごくいい。客席にI love youと叫ばせてくれて有難う、いつも心から言ってる。

 ぎらっぎらの衣装に靴に、インナーは無地の黒Tシャツ。このジャケットを肩のあたりまで脱いで見せるのがまた最高で、「脱ぐ」という行為は概念的なものなんだなあと。いやだって肌の露出なんか全然ないわけですよ、ただのTシャツですよ色も黒だから乳首も透けないし。でも本気でギャーッと言ってしまうし非常にセクシーだと思います。脱衣は演出です。素肌を見せればそれで満足なんだろと言う人にはそれが分からんのです(暴論)。

 I love you!!!

www.youtube.com


Ment

 0.TO.10におけるわたしの最大死因。テソンとスンリ二人きりのMC。

 京セラではそこまで食らった記憶ないんですよ。いやかわいかったですけど。ナルバキスンが終わると同時に、ステージ中央に頭を抱えながらぴょこんと現われるスンちゃん、「まだ年末じゃないのに紅白歌合戦かよ!? 演歌じゃん! 演歌のコンサートじゃん!」、できるものなら紅白出てほしいですよ、あとテソンさんの拍手の仕方に対して突っ込んでたくらいしか覚えてない。これは名古屋でもやってたけど、テソンさんが子供の拍手/大学生の拍手/大人の拍手って分類するやつ。「ヴィアイは子供だから分からないんだ」「一歳しか違わないのに!?」(福岡ではさすがに公演2度目とあってこのくだりは省略されてた)。

 ところが名古屋ではっきりと死にました。すごいCPに見えてきました。現在進行形で見えています。ステージ中央に戻ってくるときのテソンさんが「男は腰じゃなァい?」と腰を突き上げる動作をし出して、ギャー!!! ってリアルに叫んでいたらすかさず「そこの30代!! お前ら絶対30代だろ!」とアリーナ客席をいじりだすスンちゃん。すると「人生は30代からじゃなァい?」とアラサー以上を喜ばせるテソンさん。そうだよ、人生は30代からだよ! スンちゃんが「20代! 30代! 40代! 50代! 60代……はもうやめとこっかw」と声出させてたのはここだっけ? EXOやSHINeeと違って自分が(も)ターゲット層なんだと実感できました。スンちゃんはその後も30代ネタでMC引っ張ろうとしたにも関わらず、途中でテソンさんが「僕は一度ウケたネタはもう捨てる」と言い出し、「ディライトさんかっこいいですね(笑)」みたいなやり取りも最高にかわいかったですね。

 でも一番は、テソンさんが打合せにないことを言い出したときに、苦笑したスンちゃんが「打合せにないこと言うのやめてよ!」「アハハッ、ヴィアイはかわいいねえ~♡」みたいなやつでした。これがだめ。すごくだめ。優勝。スンちゃんってあんな語学堪能なくせに全部段取り通りじゃないとダメなタイプなの? でもってテソンさんは長年の付き合いでそれ分かってるだろうにぶちこわしちゃったの? どこまでが計算であざとさの演出なのか、わたしには分かりませんがとにかく超かわいい……。最後、テソンさんが「I say 手羽、you say 先、手羽!」「先!」「手羽!」「先!」とコールで締めたときもスンちゃんすげー苦笑していて死んだ。とにかく死んだ。

 福岡ではMC短くて残念ではあったんですけど、スンちゃんが「このヒラヒラがお揃いだから運命」「じーでぃ&テヤン、じーでぃ&TOP、これからはテソン&スンリ!」的なことを言っていて倒れかけた。しかしテソンさんはほぼ無反応。二人のじょいふるはビジネスです!!! あと客席にいらした男性三人組をスンちゃんがいじってたね。「君たち彼女おらんのやろ、寂しい人生やな~!」みたいな。君にいじってもらえてテソンさんにも「嬉しいですよね」と言われていたお三方の人生は全然寂しくないと思うよ……。

 頼むから二人でドームコンをしてください。全ステするから。喉の強さ的にテソン2:スンリ1くらいでもいいから。あれでしょテソンさんだってすごい強いわけじゃないでしょ? 一人でガンガンいけるのテヤンさんくらいでしょ?


じょいふる

 0.TO.10におけるわたしの最大死因その2。個人的にコンサートのピークはここなので、じょいふるが終わった後まだ半分以上も残ってるなんて信じられません、すごくお得な気分です。特に踊り出す最初のところで両手を広げて顔のところでパッて広げる動き、長居DVD付録の写真集にもばっちり激写されてたあれ、死ぬほどかわいい。ひどい。ひどい。

 テソスンで左右に別れてコール合戦するやつ、京セラ:スンリ側、名古屋&福岡:テソンさん側だったんですけど、スンちゃんは後半ではわざとリズムを外してやってたんでしょうか。京セラのときは「じょいじょじょいじょい何でやねん」程度だったから皆余裕でついていってたのが、名古屋はリズムずれの上「いらっしゃいませ何名様でしょうか?」みたいなことを言い出してよく舌が回るなと感心した。PPAPも何度か言ってた。


Heartbreaker

 ピラミッドみたいな台座に乗って登場するじーどらさん、背後に「カリスマ」って文字が見えるよ。前がマンネラインの二人だったから余計に満を持して感があるよ。でもふらふらしてると倒れるんじゃないかって心配になったりするよ。


Crayon

 これMVがとんでもなく美少女なんですよね、京セラの日に友人宅で初めてMV再生してたまげました。だって女装してる。女装しなくてもじーどらさんは美少女ですけどね。でも美少女が美少女のコスプレしたらびっくりするでしょ皆。

www.youtube.com


High High

 セグウェイに乗ってステージを駆け回るじーどらさんとTOPさん。わたし一度だけプラハで乗らせてもらったことがあるんだけど、最初はすごい怖くて全然前進できなかったから、二人ともすごいなあと思います。結構なスピードで走り回ってるもんね。


Good Boy

 MADEのドキュメンタリ映画でBae Baeの途中で倒れこむじーどらさんを見ている身には、四曲も連続で歌って大丈夫かと心配になってしまうけれど、コンサートで聞く曲としてはFantastic BabyとSoberに並んで好きです。こればっかりはライブ音源で聞きたい、この二人の煽りすっごくうまいんだもの。更に掛け声が簡単な上、絶対間違えないように字幕まで出してくれるスーパー親切設計。何度も言うけど素晴らしい。三度目のサビ(?)前の「I am a good boy」で会場のテンション最高潮。また組んで活動してくれよ~ディライト&スンリも頑張れ~。


Pretended

 この歌は録画&録音だったんです? 繋ぎだったとしたら、今回のコンサートは音による繋ぎが全体的にうまいなと思いました。Doom DadaとRinga Lingaの後も、曲だけ演奏で繋いでたよね。MADEみたいにガッツリVCR撮影している暇はなさそうなスケジュールの中で、会場の熱を冷まさずに、アイドルと観客を休ませるためには、いいんじゃないでしょうか。


Doom Dada

 コンサート後、「この衣装MADEのときと同じだよね?」「お気に入りなんじゃないの」と友人Yと喋りました。ずっと使ってるのかな? 大変似合うと思います。

 目をつぶった状態で眼鏡を取り、瞼を開け、ものすごい目力で前方に進んでいくTOPさん。毎度ながらすごい芸だよな。確か名古屋では最後に変顔をして去って行ったので「本当に変な人だな」と思いました。いや毎回思ってるんだけど。


Eyes, Nose, Lips

 ここからスーパー聖母タイム!!

 京セラのときは上手いなあとしか思ってなかったんですよね、テヤンさんGood Boyであんだけ弾けたあとにソロ3曲かよ、強いなあとしか。そりゃああなたがびっべんのメインボーカルですわ。名古屋でさあ、テソスンMentの衝撃から立ち直っていない状態で目鼻口の花火映像を見たらね、もう悟りを開いちゃうんだよね。ああ、あれは真実だったんだ……と、花火が打ちあがるたびに納得が重なっていく。なのでわたしがこんな状態になった原因の30%くらいはテヤンさんの目鼻口演出のせいです。いつも素晴らしい歌声を有難うございます。

 なぜ聖母か。それが真実だからです、と言うこともできますが、スーパーソロタイムのテヤンさんの服装に大きな原因があります。白。真っ白。インナーもジャケットもパンツも純白のお召し物です。仮にインナーが黒であったなら、ここまでの聖母感はさすがの彼にも醸し出せなかったでありましょう。しかし白だった。神聖です。ヴァージニティの象徴。「ヴィアイは僕の息子……いや弟」とというどこぞでの発言(うろ覚え)。受胎告知。彼がキリスト教徒であると、散々騒ぎまくった後にWikipediaで見ました。しかし息子さんの方はあの後俗世にまみれまくった文春記事が出ていましたね、名古屋三日目の後に赤坂でどんちゃん騒ぎをしたという。そういうところも好きなんだけどね。\金はある!/、わたしも言いたいです。

www.youtube.com

 頭がおかしいのは仕様です。


Only Look at Me

 この曲でテヤンさんは旗のような布がついたマイクを持ち出します。色は赤と青っぽかったです。わたしの目にはそう見えました。白と赤と青。トリコロール。聖母。ヴァージニティ。ジャンヌダルク!!!

 福岡の後EXO京セラで同行した友人Yに、ソウルコンの映像を見ながら力説しました。Yは酔っぱらっていたので涙が出るまで笑ってくれました。わたしはいい友達を持ったと思います。彼女にはこの一年世話になりまくっており、ほぼ毎日メッセージのやり取りをしているので、お歳暮でも贈るべきかな?


Ringa Linga

 引き続きソウルコン見てたらテヤンさんがすっと腕を上げ、Yが「ともだちだ!!!」と叫んでいた。20世紀少年な。どこまでいっても教祖。

 リンガリンガは上がる系の曲なのに、途中までダンサーが舞台におらず、テヤンさんが一人でステージをもたせていて、ダンサーに対してまで聖母なのかよテヤンさんすっげえな!! と笑い転げました。彼に太陽という名を与えた人は表彰されるべき。あくまでソウルコンの映像ね。コンサート時は聖母モードひと段落し、煽られるままにリンガリンガ歌っていたので記憶がない……。

 しかしじーどらさんTOPさんはもちろんのこと、テヤンさんのソロ3曲が全て韓国語なの万歳すぎた。日本語で聞いても違和感がありすぎるんだもん。


If You

 この曲で大画面に映るスンちゃんが美少女だということも主張したい。名古屋のときに「あれ、この美少女じーどらさん……?」(なぜならわたしの中で美少女といえばじーどらさんだから)とよくよく見たらスンちゃんで、いやだ、こんなにかわいくてどうするのこの子、と見とれてしまいました。福岡でも美少女だったので見間違いではないです。

 前半の優しいトーンから「君はどうなの」でテソンさんがガッツリ声を張るところが好きなのだが、福岡ではやはり省エネだった印象です。12/11のレポでもハルハルで声が出てないフレーズがあったなどと目にしたので、喉の調子があまりよくなかったのかもしれん。だとしたらお大事に。


Haru Haru

 白いペンライトを持って行こう行こうと思っていても中国を発つときにはすっかり忘れ、会場で思い出すんですよね……すみませんでした。京セラではせいぜい半分くらいだったけど、福岡の頃には七割くらい白くなってました。VIP公演ではほぼ真っ白になっていたそうなのでDVDで見ます。


Ment

 京セラと名古屋では「ヴィアイとディライトのMC長すぎです」というテヤンさんの突っ込みでスタート。もっとやってくれてもよかったのよ……。名古屋ではTOPさんが「お腹いっぱいです」と言い出して「お腹!?」とスンちゃんが突っ込んでましたが、ご飯食べてたんだね。美味しいもの食べれてるといいですね。福岡ではテヤンさんがスンちゃんに向かって「ヴィアイ楽しい~?」って問いかけていた気が。「楽しいわよ~」とでも返したんだっけ。

 そしてメンバー全員の入隊前挨拶、と思いきやスンちゃんは司会に徹しており何も言ってくれませんでしたね。お前司会じゃなくてアイドルじゃないんかと! 「人の心に残る歌手になりたい」と仰っていたテヤンさん、輝いておりました、まごうかたなき太陽でした。TOPさんが名古屋で「~~な今日この頃です」と言ってその日本語らしい言葉遣いを客席に笑われ、「貴様!」とスンちゃんに迫っていたのが面白かった。が、肝心の中身は覚えてない。「これが最後の日本かもしれません」には、え、戻ってこないの? とドキドキした。テソンさんは「VIPのおかげで特別な経験をさせてもらえた十年間でした」的な話だったかな。最後にじーどらさんが「10年、20年、30年経っても戻ってきたいし、そうします」と感動的なメッセージを発し、客席がじーんとなっているにも関わらず、一ミリも動じずに「ハイッじーでぃさん有難うございました!」と締めくくるスンちゃん。司会としての仕事をしすぎだよ。お前も何か言ってくれよ。

 この挨拶時、福岡ではテヤンのカンペが出なかったようで、ドームの後方を指さして「福岡は景色がいいですね、山が綺麗で」「あれ山だったの!?」「ここに川もあって、川も綺麗し、皆さんも綺麗し」(綺麗「だ」し、ではなかった)とアドリブらしきことを言ってました。突っ込みはもちろん我らがスンちゃんです。

 スンちゃんの誕生日話をしてたのはここだったかな? そもそも韓国アルバムの発表をしてたんですよね、それがスンちゃんの誕生日当日だという。テヤンさん発で「貴様が生まれちゃった」「生まれちゃった!? 何か失敗したみたいな?」「生まれちゃった」「うちのお父さん失敗したのw」「そういうこと言うのはよくないね、奇跡(運命)だから」などと下ネタを楽しげに飛ばしてらっしゃいました。

 あと名古屋ではちょうどテソンさんのソロコン発表直後だったので、スンちゃんが大々的に「ソロドームツアー決まりましたー!」とアナウンスしてくれました。おめでとーおめでとー! 「東京と大阪です」と言っておりましたが西武ドームは埼玉なんだ、ごめんな。元埼玉県民としては東京と呼んでくれても構わないぜ。そしてここでもテソスンを推してくるメンバー(個人の感想です)。何度か開催されているテソコンを、唯一見に来たことがないのがスンちゃんらしいんですよ。何それ。「でもヴィアイはディライトのコンサート行かなかったですよね」「じーでぃさんもソルさんもTOPさんも皆来てくれたけど」「……」「名古屋だっけ? 来るだけ来たんですよ、ディライト写真撮ろう~とか言って。でも写真だけ撮って帰った」って何それ。

 そんなテソスンMentの後に、TOPさんは、自分は入隊するから見に行けないけど、「10代、20代、軍隊、イエー!」。その場では聞き取れなかったんだけど、うまく韻を踏んでいてすごいよね!? 福岡ではテヤンさんが、「五人が揃う姿はしばらく見れないですけど、ディライトのことは見れますよね?」と聖母的話の振り方をしてくださいました。有難う。テソンさんテンション低かったけどな。

 ライトの色の変化を一番いじってたのは、わたしが行った中では名古屋でした。京セラのときはチェンジ! とかやってなかった気がするんだ。名古屋ではいちいち色に対するコメントをしてみたり、「海の~声が~」とトップさんが歌ってくれたり、サービスよかった。わたしの初参戦が今年2/7の福岡で、そのときも「海の~声が~」をやってたのを思い出し、一年早いなあ……と感慨にふけった。

 福岡ではMCの切り上げが早かったから、ライトチェンジの最中、テヤンさんがスンちゃんに向かって「今日MC短くない? 約束でもあるの?」と聞いており、ここで好感度が更に爆上げされた。短いよね!!! 明らかに短かったよね!!! しかしスンちゃんは「ドームが云々」と言ってサクッと次に進めてしまわれました。笑 まあでも結果的にテヤンさんの魅力が引き出された公演だったからすごく有意義だったなって……というか今まで気づいてなくて誠に申し訳ございません、もし日本でソロコン開催されたら足を運びたいです。活動予定あるんだったよね? 韓国だけかな?


Bang Bang Bang

 バックミュージックなしで「おーおーおー」って歌わせられるあの音程、実際のそれとこんなにズレてんのかいって毎回イントロ始まるたびに思ってました。真っ赤に染まる客席。ドームより野外スタジアムである長居の方が圧巻だった気はする。何だろうね。靄がないから?


Fantastic Baby

 何だかんだで一番盛り上がりますね。ドームを盛り上げるためにあるような曲だと思う。サビに入る前から散々煽って、サビ入るときに「わーお、ふぁんたすてぃっくべいびー!」と声を出させて、どかんと爆発。超楽しいですよね。二回サビが終わった後にスンちゃんが登場するから、こんなに盛り上がった後にまだあるんだ!? って思う。

 福岡のときずっと「I wanna dance!!!」って言いまくってた人いませんでしたか。TOPさんテヤンさんあたり。


Sober

 テソンさんのドラムではないのと、Without youでのにょんとり絡みがないのは少しだけ残念ですが、会場でペンライト振ってるときにはただただ楽しいばっかりのSober。MADEシリーズの中で一番好きです。これが日本語訳されなかったことが本当に嬉しい。

 福岡のテヤンさん、おそらく客席から投げられたあの熊のぬいぐるみの鼻を噛みちぎるっぽいジェスチャーしてなかったか。常に動き回っているから目が離せないぜ。あとこの3曲の間に小さな何かを蹴っ飛ばしてたのも見たんだ。何だったんだ。

 わたしはライブ音源ってあまり聞かないのですが、バンバンバンふぁんべびソバーのの流れはぜひ繋ぎ含めて聞きたいですね。マジ楽しかったなあ。DVD予約したから届くの待ってるね。


アンコール前の紙芝居

 各地の方言を使っており、凝ってるなーと。東京だけ見れなかったの残念。テヤンさんは髪型チェンジ前後でちゃんと熊も変わってましたね。細かいぜ。


Last Farewell

 初期曲の中では一番好きです。長居でやってくれたときすごく嬉しかった。あのサビのダンスもかわいいじゃないですか、Baby Babyで両手を動かすやつ。

 最初からトロッコ乗ってきてましたっけ? 名古屋でテソンさんずっと見ていたら、結構な量のプレゼントが客席から投げられてるのな……。一つ一つ投げ返しておられました、あれ投げ手と受け取り手が別だけどどうするんだろう。だから紙芝居で「僕たちを投げないでね」と熊が言っていたのね。危ないのでなくなるといいですね。


Lies

 前奏の最中にフルネームを呼ぶコール、たった五人しかいないのに最後まで全部言えなかった。トップさんのところで見失ってカンデソンで戻ってくるみたいな。つまりトップさんを覚えればいいんじゃないかみたいな。ごめん。スンヒョン二人もいるんだっけ!? って思って止まっちゃうんだ。

 

声を聞かせて、Feeling

 感想メモしそびれて覚えていませんすまん。


Ment

 おもむろに「もうお腹空いたから帰ろう」「そうだね~」と肩を組んで去ろうとするテヤンテソンコンビがいつもかわいい。

 これを引き留めるのがTOPさんの役目だったらしく、毎回何かやらされてたね。京セラでは「べべー!」を長々とやっており、頭おかしくなっちゃったのかな……と思いました。スンちゃんが苦笑してました。名古屋では「べべー!」を始めるもスタッフに容赦なくイントロぶっこまれ、じーどらさんが冒頭歌えてませんでした。福岡ではボイパを始め、スンちゃんと二人でしばらくぶんちゃか言い、TOPさんが一人でぶんちゃか言い、スンちゃんが返歌をかえそうとしたところでイントロが始まりました。おい!!


Bae Bae

 スタッフの容赦なさがよくわかるイントロの切り込み方。

 裏に捌けた後のお見送りが毎回テソンさんだったのはソロコンおめでとうのやつですか!? 有難うございます。胸の中に入れてくださったのは名古屋でしたでしょうか。でも一番かわいかったのは福岡で若干照れながら「べべー!」をしていたテヤンさんです。前にいたスンちゃんとTOPさんが「頑張るわよ♡」をやってたから仕方なしだったのかもだけど、テヤンさんもやるんだ……。

 

 以上、楽しいコンサートを本当に有難うございました! 自分しか面白くないレポで失礼いたしました。2017年の旧正月も明けて酉年になりましたので、BIGBANGの皆様とスタッフの方々のご多幸を心よりお祈りして本エントリを終えたいと思います。Love!