読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Trippin’

旅行記とハマりもの諸々、現在はK-POP中心

黄子韬 - 20151205「闪亮的爸爸」第2回

∟黄子韬(タオ) ∟中国語和訳

 タオタオ含む4人の男性芸能人(歌手・俳優・体操選手・タオタオ)が、5人の子供と33日間の共同生活を送る娯楽番組「キラキラなパパ」第2回目だよ〜!! 番組公式weiboの宣伝画像を引用しました。f:id:mrbk:20151206135659j:plain

 

 1回目および出演者の紹介は下記をご覧ください。

 なお、記事中の出演者の名前は今後下記の通り統一します。

  • 潘パパ(台湾歌手):だんだん
  • 高パパ(大陸俳優):蕾蕾(姉)、ういぼー(弟)
  • 陳パパ(体操選手):らいあん
  • タオタオ(元EXO):貝貝

 

 第2回の内容は、引き続き激動の2日目を追ったものです。主役は高パパ&潘パパでありましょう。特に高パパは子供たち(高パパのみ姉弟二人をお世話)とのトラブルが立て続けにあり、収録中に泣いています。潘パパもだんだんの言葉遣いを叱りつけて大泣きさせている。陳パパはというと安定した精神状態および子供からの好かれっぷり、タオタオは珍しく働いていましたが、貝貝ちゃんとの交流が完全にデートなのが心配である。

 2回目もすっごく面白かった&分かりやすかったので、中国語を勉強したことのある人にはぜひ見てほしいな〜。したことない人でも見てほしいな〜。もはやタオタオよりも高パパのかわいさが大爆発している2回目ですが。うっかり彼のweiboフォローしてしまいましたが。

 お、sokuのタイトルみると第2回は「タオタオが貝貝ちゃんのためにストリートミュージシャンで金を稼ぐ」(意訳)となってるね。Youtubeにも動画ありましたがそっちは確実に許可無しだと思うので貼りません、検索してください。

  時系列順に起きたことや台詞の和訳&とりとめのない雑感を並べておきます。途中から本気になってきてガッツリ時間をかけてしまった! 疲れたー! 長いので畳みます。 

 

朝食調達 0:00〜

 2日目の朝、初っ端から災難なのは高パパです。ういぼーがオムツにおしっこを漏らし、早朝からその始末に終われ、と思っていたらういぼーが家の外に彷徨い出てしまう(ういぼーの心情をテロップが勝手に「皆に僕がおねしょしたこと知られちゃった……」云々書いている。この適当さよ)。

 ちゃんとカメラは追ってるんですが、スタッフが「ういぼー外出てっちゃいましたよ」と教えた瞬間の高パパ、

「ハ、マジで?! 嘘だろ!? ういぼー!!!!」

 子供の脚だから、チャリで追いかけたらすぐに見つかるんだけどね。出ました「アイヤー」。そこで高パパは昨日のように「何で俺やお姉ちゃんに一言声をかけなかったんだ、言ってごらん、何がほしいんだ? 何で逃げ出したんだ、外に出てどうしたいと思ったんだ。二度とやらないな!? やらないよな!? やらないって約束しろよ?」とまくしたてる。普通に早口です。2歳児だよ?! 「言ってごらん」と促して整然と説明が出てくるわけがない。でも潘パパも同じテンションだから、中国ではデフォルトなのかもしれないね。教育には良いと思うんだけども。

 陳パパはというと、らいあんくんに食べたいものリクエストを聞いて外に買い出しに行きます。しかし持って帰ったものを見て「僕これ好きじゃない、だからそっちのパンを二つ食べたい」と言われてしまうw でも陳パパ優しいんですよ、言い方が優しい……。

 一人でご飯を食べる陳パパに、「歯ブラシ買わなきゃいけないんだけど」と話を持ちかける潘パパ。陳パパが経理役になったみたいですね。10元しかもらえなかった潘パパ、「お前の朝飯15元したんだろ!? もっと金くれよ」w

 すると起床したばかりのタオタオ(貝貝ちゃんに起こされた)がやってきます。

潘パパ「お前何食べるの?」
タオタオ「しゅいじゃお〜(睡眠)」
潘パパ「しゅいじゃお(水餃子)!? お前水餃子食うのかよww」

 起きろよタオタオ。

 高パパも戻って来て、潘パパ「こいつ15元も朝飯に使ったんだぜ〜一日25元しかないのに!」高パパ「マジで!? 15元!?」とやりはじめる。タオタオは「僕も朝ご飯食べないといけないから……(テロップ:あなた達は討論続けてください)」と消えて行きます。

別撮りタオタオ「ほんとにひどい(凄惨)だと思います。4人の成人男性が一つの茶碗からご飯を食べる。そんなの戦いです。だから僕は、お金を稼がないといけないと思いました」

 おっ初めてまともなことを言った!! しかし、

タオタオ「(貝貝に)そっちで遊んでてよ、喧嘩するなよ」
高パパ「お前何するんだ」
タオタオ「睡眠」
高パパ「寝る!? メシ食わねえのか?!」
タオタオ「食べません」

 何なんだこいつは……。

 潘パパと高パパは陳パパにご飯代をもらって皆でお買い物へ。の前に、潘パパが金色のネックレスをつけるんだけど、ういぼーも金色のネックレスつけてんだよねww 高パパ目ざとくそれを見つけて大爆笑。この二人の絡みが超美味しい。潘パパは「これつけてみろよ、風格が出るぞ」と高パパにネックレスを装備させる。親子お揃いw

 屋台にて、「10元しかないんだけど」「1個しか作れないのかよ」「1.5個はできないのか」「2個作れないのか」「2個作れないのか?!」「せめてソーセージを追加してくれ」と迫りまくるお二人。おいセレブ。

 2件目の軽食店でも、高パパは「お金がないんですよ、でも五人でご飯食べないといけないし」と言いまくって何らかのオマケを貰った様子。しかし潘パパが席を外した間に、ういぼーが! さっきの屋台のサンドイッチを発見、食べてしまうのであった!

 戻って来て「アー!?!?!」「お前何やってんだ!?!!」と頭を抱えるパパ二人。潘パパなんて子供をどかして「(スタッフに)スローモーションで撮ってくれ」とソファにダイブしはじめる(=遊ぶ余裕があるということ)。でも高パパ完全に怒り心頭だからねw ういぼーがギャン泣き、見かねた5歳児・だんだんに「何でパパたちはこんなにういぼーを泣かせるの!? 怖がらせるの?!」と叱られる始末。こっちが泣きたいよといわんばかりの高パパ、朝っぱらからストレス溜まりまくりですね……。すると店員さんがワッフルを恵んでくれました。このへんの緩さが中国。

高パパ「『自分が悪かった』と言えたら食べていい。次はもっと気をつけるんだぞ。『パパ、僕が悪かった』と言いなさい。パパにちゃんと言いなさい! 皆お前が言うまで食べれないんだからな」
ういぼー「パパ、僕が悪かったです」

 別撮りの高パパは「この瞬間から僕たち親子の関係が発展しはじめます」的なことを言っていますが、本日の彼の受難はまだ始まったばかりです。頑張れ高パパ。

 

任務開始 18:00〜

 寝ていたタオタオの頭上に響き渡る放送音声。

 本日の任務は「近所の人を招いて宴会を開いてください。パパたち全員が得意料理、子供が好きな料理を作るように」。

 これは分業が必要だぞと相談するパパたち。「卵炒飯なら作れる」という陳パパに、「俺はおかずなら作れる」と応じる高パパ。そこでタオタオ「僕はお金を稼いできます、歌をうたって」。この発想はタオタオえらい、よくやった。金を節約しながら暮らすより、別で稼いでくればいいじゃない。てなわけで役割分担はこうなりました。

高パパ・潘パパ:家で子供の面倒を見る
タオタオ:芸で金を稼ぐ
陳パパ:買い出し

 んでカメラを追い出してお着替えするんですけど、こいつ財布没収されたのにまだ10元隠し持っていたんですね。貝貝と二人でおでかけし、ご飯を食べるのかと思いきや……やってきたのはスポーツくじ売り場。こいつ……将来が心配なんだけど……。結果、2元だけ増えた。こいつ……。

 ご飯を食べたいという貝貝の手を取り、なぜか文房具屋へ。そこで大きめの紙を買おうとするんだけど、「これいくらですか? 1元? 1元は高すぎるんだけど。0.5元にならない? このペンはいくら? 3元? じゃあ紙とペン買うから全部で2元にして?」「小さい子供がいてご飯を食べさせないといけないのにお金がないんです」。

 やっと売店に行ったと思えば、「10元しかないんですよ」と言って店員さんをたぶらかし、大量の食料をゲット。

貝貝「わたしのママは高いものが好きなの〜」
タオタオ「高いもの? 6元もするよ、だめだよ」
店員「いいですよ、値引きしますから」
タオタオ「ほんと!? 本当に有難うございます、お金稼いだら返すから」

 すごい……このパパ娘の二人才能ある……。タオタオはその場で生歌うたってお返し。まあね、わたしが店員だったら店ごとあげちゃうし……。

 

高パパの受難 24:00〜 

 さて、baby houseにカメラが戻ります。庭で遊んでいるういぼーがなぜかうんこ(モザイクかかってる)を落として、それを見つけた潘パパ「何これ!? 何これ、どういうことなの!? これお前のうんこなの!?」と半笑い。咳き込みながら処理ww お疲れ様です。

 高パパも、オムツに残っているうんこを発見。すごい顔をしてお着替えを始めます。「昨日うんこ出そうなときは先に言えっていったよな!? くさいんだけど?! めっちゃくさいんだけど?!」といつもの調子。ういぼーのお尻を拭いたティッシュを「嗅いでみろよ」と鼻先に突きつけ、「どんな匂いがする」「くだもの」「くだもの!? 臭いだろこれ」「くさい〜」。おいおい。

 一方で、ずーーーーっと構ってもらっていないストレスが溜まり続けていた蕾蕾ちゃんがついに泣き出してしまいます。高パパと弟が揃って「何で泣いてるんだ。俺に話してごらん」「何で泣いてるのお姉ちゃん」と話しかけているけど、理由は明白でなあ。

別撮り高パパ「彼女はずーっと泣いてるんですよ、俺が『何で泣いているんだ』って聞いても教えてくれないし、とにかくずーっと泣いている。俺は特に女の子に泣かれるのが嫌なんです、すごくつらいんですよね」

 そりゃなあ……思っていることを全部言葉にできるようになるには、まだ時間がかかりますぜ旦那。「俺のどこが好きじゃないんだ? 嫌いなところを言ってもらえれれば変えられるぞ。なんで泣くんだよ」と言いながら、既に半泣きの高パパは、考えていることを話してくれとひたすら説得し続けます。

高パパ「どうして泣くんだ」
姉「家に帰りたい……」
高パパ「帰りたいのか……一緒に街に出かけるか。美味しいものでも食べよう」

 しかし蕾蕾ちゃんとチャリで二ケツして出かけようとしたら、スタッフに「安全の問題があるのでやめてください」「危ないでしょう」と止められてガチ切れ。ここですぐに譲らないのも中国っぽいと思いますね。そして再度泣き出す蕾蕾ちゃん。高パパは自分でも「冷静じゃなかった」と振り返っていますが、ここからが本当にクライマックスでな!!

高パパ「今日は何がしたい、パパが全部叶えてやるぞ。何がしたい? 泣かないでくれよ。……俺は特別(泣き始める)……お前が泣いているのが特別ダメなんだよ。分かるだろ。お前が泣いてるところを見ると本当につらいんだ」
蕾蕾「ううう……」
高パパ「分かるだろ、だからお前がこんなふうになってるのを見たくないんだ、俺はすごく苦しい気分になるんだよ。お前は家に帰りたいって言うけど、帰ることはできないから、その代わりに何か別のことをしような、お前のことを喜ばせたいんだよ、泣いてるところは見たくないよ」

 高パパ……!!!! まさかあなたが泣くとはだよ!! 追いつめられてはいたけれども! こっちまでもらい泣きするよ!

 蕾蕾ちゃんと高パパは、ういぼーを置いて二人で遊びに行くことにしました。

 

タオタオの路上パフォーマンス① 32:00〜

 値切りまくった紙に何かを書いて、ショッピングモールの外にいた誰かにスピーカーを借り、メリーゴーランドの前で歌い始めるタオタオ。スマホで音楽と歌詞を流しているようです。これでお金を稼ごうというわけ。もう貝貝のためだけに歌ってるみたいになってるけど、貝貝は不機嫌そうですね。

 しかしさすが元EXO、人が続々と集まってくる。が、警備員に「許可撮ったのか?」と追い出されそうになってしまうwww「僕すぐ退くので。僕はお金がなくて、三日間ご飯を食べてないんですよ。歌ったらすぐ退くので、すみません、有難う」と警備員をなだめるタオタオwww

別撮りタオタオ「僕は何があっても泣きませんでした。でもあのときすごくつらかったのは、僕は他の誰でもなく貝貝のために歌っていたのに、貝貝はちっとも楽しそうじゃなくて(意訳)……。僕は鞄を持ってそのまま家に帰りたいと思いましたが、でも貝貝がいるから、僕は強くなるしかなかった」

 これについてはノーコメントだ。笑

 

陳パパのお買い物 36:00〜

 陳パパが市場で買い物を始めます。もう翻訳する必要もないけど、「僕は元オリンピック選手の陳です、お金がないんだけど今晩人を呼ばなきゃいけなくて、値引きしてくれませんか?」「タダでくれませんか?」「美しいお嬢さん、君の助けが必要なんです」「有難う、有難うございますご主人」等の言葉を尽くしてとにかく買いまくります。すごい。がめついけど何だか和んでしまう。陳パパに買い物に行かせるのは正解だ。

 陳パパ、性格的に穏やかで担当のらいあんくんもすごくいい子だから、全然受難がないんだよねww 別撮りのコメントも和やかだしw きっといいパパになると思います(現在パートナーが妊娠中)。

 

潘パパ激怒① 38:30〜

 番組の終わりに②がくるんだよ。笑

 さて一人家に残った潘パパは、だんだん&らいあんくんに踊りの練習をさせようとします。しかし二人ともゲームに夢中でパパの話を聞かない。しかしパパを怒らせたのは、二人が言うことを聞かなかったからではない。だんだんの言葉遣いが悪かったからです。これ【讲脏话】というらしい。

だんだん「需要我们说你〜」

 外国人のわたしにはこれのどこがそんなに悪いのかよくわからないし、意味も取れない!笑 今度中国語の先生に聞いてこよ。

 ここで潘パパ激怒。どうもこれが汚い言葉遣いをした3回目らしいんですね。ゲームを取り上げて二人を外に出します。別撮りの潘パパは「だんだんにはこういう言葉遣いをする子になってほしくない」と。

 その後、三人は庭で熊さんのパパが〜ママが〜子供が〜的な踊りの練習を始める。楽しそうです。

 

高パパと蕾蕾 41:30〜

 二人でデート中、「弟は一秒だって目を離せない年齢なんだよ、だからういぼーに多く注意を払ってしまうんだ」と話す高パパ。別撮りでは「彼女はしょんぼりしながら『パパは弟がいればいいんでしょう、私はいらないんでしょう』と言ったんですよね」と説明しています。「わかるだろう、お前のことが嫌いなんじゃないんだよ、そんなことはありえないよ」……何だこの殺し文句のオンパレードは!!

 蕾蕾ちゃんはおそらく今度は安堵から、しみじみと泣いています。どうでもいいけど中国ってスキンシンップは欧米並に多いよね。子供にチュッチュするし往来でカップルがチュッチュしているよね。都市部だけかな?

高パパ「弟は絶対先に寝るから、あいつが寝たらその後二人で喋ろう、毎晩3〜5分くらい二人で喋ろう、そのときに今日どう感じたかを俺に話してくれよ。今日何が食べたい? 俺が作ってやるよ」
蕾蕾「ケンタッキー……」
高パパ「ケンタッキーか。わかった。今度買いに行こう、今日は宴会だから。美味しいものを食べたら良い一日になるよ。なあ、あそこ(歩道橋)に上って二人で遊ぼうか。どうだ? 走ろうな」

 姉弟二人を同じように扱うことはできない、けど蕾蕾には物理的なモノではなく、心理的なものをあげたい、心理的に結びつきたいと語る高パパ。指切りげんまんしてる二人に「あなたを百年変わらず愛します〜♡」ってテロップ出てるけど大丈夫か、タオタオ貝貝ペアみたいなことにならないか。

蕾蕾「わたしは鳥もも肉がたべたーい!!!」
高パパ「俺も鳥もも肉がたべたーい!!!」

 雨は止み、晴れわたり……。

 

タオタオの路上パフォーマンス② 44:00〜

 人だかりに向かって、「僕と娘はお金がないんです〜〜〜家に帰ったら他に3人のパパと子供達もいるし〜」と訴えて金をもらいまくるタオタオ、写真も撮られまくり、握手もしまくり……いいなああああ。わたしもタオタオに現金を渡したかった。

タオタオ「今日は本当にありがとうございました、これからも頑張ります」
観客「がんばってー!」
タオタオ「僕が食べるかどうかなんてどうでもいいんです」
観客「食べなきゃだめでしょー! そしたら誰が貝貝の面倒をみるのよ! タオ兄さん、身体に気をつけてね〜」

 た、ただしい、圧倒的に正しい観客のコメント。いいか、親が犠牲になって子供の面倒を見るんじゃないんだ、成長して大きくなった子供が自身を犠牲にして親の面倒を見るのが中国だぜ(大袈裟に言ってます)。

 タオタオは大量の札を整理しながら、「全員が10元ずつ払ってくれたとしたら、希望が見えます……。あんなに大勢の人が集まってお金をくれて、僕は泣きそうでした。それで貝貝を見て、また泣きそうになりました」。中には100元札(1200円、中国の最高額紙幣)も!! 結局937元(2万円近く)も稼いだらしい。すごい。貝貝ちゃんも「そんなに?」と驚いている。

 

陳パパのお買い物② 46:00〜

 もう全然お金がなくなってきた陳パパ、美女美女連呼してタダまたは格安で肉をゲットしはじめる。こっからが爆笑もので、陳パパの今日の値切り台詞集をラップ音声風MADにしてるんですよwww すげーうまいねww 最初に見たとき声出して笑ってしまったよ。

 本日の物理的MVPは陳パパとタオタオだと思う。陳パパさすが金メダリスト、ウィーアーザチャンピオンのBGMがぴったりである。まだ20元も余ってるじゃねえか。

 

タオタオと貝貝のデート 49:00〜

 なぜか河川敷に寄り道するお二人、貝貝ちゃんは「大きなうみー!!」と喜んでいますがこれは川です。

タオタオ「沙灘行ったことある?」
貝貝「うーん、行ったことない」
タオタオ「パパが今度青島に遊びに連れてってあげるよ、どう?」
貝貝「わたし沙灘に行ったことないの」
タオタオ「青島の沙灘は面白いところだよ」
貝貝「こんな汚い海なの」
タオタオ「全部ゴミを投げ捨ててるから……。ゴミ投げたらダメだよ、環境保護しなくちゃいけないんだからね、わかった?」
貝貝「下の『床』のほう行けないの?」
タオタオ「床w」
貝貝「床」
タオタオ「床(chuang)じゃないよ、船(chuan)だよ」

 この二人だけハートの飛び交う量が半端じゃないんですけど……デートなんですけど……「君をおんぶすると背中から全世界が始まっているようだ」なんてテロップつけている場合か……。

 

陳パパの帰還 50:00〜

 大量の食料を持って帰ってきた陳パパ(に駆け寄るだんだん)。こんなに食料を恵んでくれたことに感謝の意を表す潘パパ。

 ここでだんだんが陳パパのほっぺにキス。めざとく見ていた潘パパは、

潘パパ「おい……だんだん! だんだん! だんだん! だんだん! だんだん! お前俺のこと好きじゃないのか? なら陳パパにトイレ連れてってもらえばいいだろ、俺は連れて行かねえぞ」

 えらい大人げないw その後ちゃんとちゅーしてもらって満足げな藩パパですが、だんだんはひたすら陳パパに懐いていて……分かる、分かるぞ、陳パパは怒らないもんな。

 だんだん、潘パパに背を向けて「このナッツいっしょに食べよう〜」と陳パパに話しかける。俺は!? 俺は!? ってなる潘パパ。

潘パパ「何で俺には聞いてくれないんだよ」
陳パパ「ほら、パパが傷ついてるよ」
だんだん(それでも陳パパにナッツをあげる)
陳パパ「潘パパにあげなさいよ。彼本当に傷ついてるよ」
だんだん「……(潘パパに)あげる」
潘パパ「ねえ、その殻剥いてくれよ。剥いてくれよ、パパのために」
だんだん「パパ、自分のことは自分でするんだよ」
潘パパ「お! 俺それ気に入った。これからお前自分のことは自分でするんだぞ、どう思う?」
だんだん「パパになんか食べさせてあげない!!!」

 こどもか。

陳パパ「何でパパにあげないの?」
だんだん「だってパパは僕のこと好きじゃないもん」
陳パパ「そんなわけないでしょ!?」
潘パパ「パパがお前のこと好きじゃないだと!?」

 修羅場か。

 

8歳児タオタオの帰還 53:30〜

 タオタオはといえば、車で貝貝と戻ってきたところをファン女性らしき人たちに写真撮られながら、

ファン「かわいいね〜貝貝は何歳なの?」
貝貝「5歳〜」
ファン「パパは? タオパパは8歳か、8歳だよね〜〜」
タオタオ「僕が8歳なわけないでしょ!」

 こいつ大陸で8歳児扱いされとるで。

 一日で900元稼いだ男ですので、「王者の帰還」とテロップ出してもらってます。よかったね! きちんと「おかえり〜どうだった? お疲れ〜」と声をかけてあげる陳パパの優しさよ。タオタオに「これ」と立て看板を渡され、

陳パパ「『皆さんこんにちは、僕は貝貝のパパです』……?www」
藩パパ「どうした」
陳パパ「ちょっとこれ見てよ、凄惨だよwww」

 陳パパをもってして凄惨と言わしめるタオタオの立て看板www この子、字が下手なんですね。あと配置センスが絶望的にない。

 

潘パパ激怒② 54:30〜 

 長かった番組もようやく最後のクライマックスを……! だんだんが潘パパを怒らせたよ第二弾です。だんだん、今夜は宴会だぞと声をかけるパパに向かって「大きな頭の鬼!!」と、これまた汚い言葉遣いで罵ります。「お前なんて言った!? お前何でまた汚い言葉遣いをしたんだ!?」と怒る潘パパの顔を、だんだんはぺしぺし叩き、挙げ句の果てには「さよなら悪人!」「悪人の鬼!!」等と何度も。

 潘パパ、堪忍袋の緒が切れる。「今晩、俺はお前とは絶対寝ないからな! 今日お前は外で寝るんだぞ! お前の鞄ここに持って来たからな! 自分一人で寝ろよ!」。

 後ろでおろおろするタオタオがおかしいwww

だんだん「スター(芸能人)のパパ!」
潘パパ「お前の靴! お前の服だよ! 外にいろよ、部屋入ってくる必要ないから」
だんだん「スターのパパ、何してるの! 僕まだあと一ヶ月ここにいなきゃいけないんだよ!」
潘パパ「だめ、お前は入っちゃだめ」
だんだん「パパーーーー僕まだあと一ヶ月あるんだよ!」
潘パパ「お前は俺に対して失礼な言葉遣いをしただろ。すごい失礼なんだよ。何回目だ!? 他の子は皆こんな言葉遣いをしないよ、お前一人だけだよ。何度目だと思ってるんだ。お前は他のパパに言ったのか、大きな頭の鬼だとか。言ったのか。言ってないだろう」
だんだん「僕のこと許してパパー!! 許してよーーー!! 行かないでよパパーーー!!!!」
潘パパ「……何でこういう喋り方をするんだ」
だんだん「僕が悪かったです、二度とこういう喋り方しないよー!」
潘パパ「何でお前はこういう喋り方をするんだよ。他の人が気分いいと思うのか?」
だんだん「だってパパとママがいつもこういう喋り方するからー! ママのを聞いて覚えたんだもんー!」

 台詞書き出してきて泣けてきた。潘パパにも「心が痛む」と書いてあります。そうなんだよ、こういうのって家庭での躾なんだよね……子供のせいではないんだ。言い訳ではないと思うわ。

潘パパ「これが最後の一回だぞ、俺の目を見るんだ。俺はお前が嘘をついてるのかどうかなんて分からないし、俺も考える時間が必要なんだよ。一時間後に再決定しよう。一時間経ったら戻って来るから、荷物そこに置いておいて」

 

宴会 58:00〜

 宴会には外の人を呼ばないといけないので、今度は陳パパとらいあんくんがお出かけ。高パパはひたすら料理に励むことに。やっと正しい使い方をされている炊飯釜ww 潘パパも一人で人を呼びにいってます。

 さてらいあんくんですが、喋り方がやっぱしっかりしてる感じするのよね〜。良い教育ほどこされてるとしか思えない、所作がすごい丁寧だもん。ゲームに励むくらいしか怒られるようなことしてないし……。

店の人「何が欲しいの〜?」
らいあん「ぼくたち物がほしいんじゃないんです、だたあなたに、今晩ぼくたち家で晩ご飯を食べるので、招かれてくれないでしょうか」

 材料が足りないらしく、高パパがタオタオに、買い物行ってこいよと言いに来る。こいついつも部屋で寝てるな。個人的にタオタオが喋るとき最後の音がa寄りになるのがかわいい……喋る時はよくなるんだけどさ。今日は素直に言うことを聞くタオタオ、どっかの商店でコーラ等を買い、だんだんに「悪い言葉遣いしちゃいけないよ、特にパパといるときはしちゃいけないんだよ、わかった?」とお説教もしています。

 高パパはジャズピアノをBGMにひたすら料理にいそしむ……絵になるイケメンなんだよな!! タンクトップに鮮やかな黄緑色のパンツだとしても……。陳パパも料理はしてましたが、らいあんくんにまた「マズい」と言われており、あまり上手くないようですねw

 招いたお客様の前で、潘パパのギター伴奏で歌を披露させられるタオタオ。「今日一日歌ってたのに〜!」と言いつつ歌ってあげるタオタオ。声高いな……背後で高音出してるのタオタオでしょ? あ、潘パパも歌った! さらに「俺これすごい自信があるんだよ!」とみずから名乗り出て、ピーナッツを放り投げて口でキャッチする特技を披露しているww このときのBGM、韓国のキヨミのイントロでは……?

 だんだんと潘パパはいったん仲直り。「俺が『してはいけない』って言ったら、お前は必ず『どうしてしてはいけないんだろう』って考えなくちゃいけないんだぞ、いいか」。

 「2日間は短くなく、33日間も長くない 少しずつ愛がやってくる」

 とか良い話風に締めているけど、これパパたちも子供たちもストレス半端ないと思うぞ!! お疲れ様でした!

 

 次回はタオタオの女装回だよー!!! みんな見てね!!