Trippin’

旅行記とハマりもの諸々、現在はK-POP中心

张艺兴 - 20150621「極限挑戦」第2回

 レイくん含む6人の男性芸能人が、極限状態(大体は時間制限)で色んなゲームをさせられる、上海東方衛生局によるバラエティ番組の第2回です。画像は公式weiboの宣伝用とおぼしきものを引用しました。

f:id:mrbk:20151226205207j:plain

 これまでの放送については下記をご覧ください。第1回は英語字幕があったので人物紹介しかしてない。あとでもうちょっと追記したい、いかに紅雷おじさんがかわいかったかを。


 このテレビ局はYoutubeに公式チャンネルを持っているので、堂々と全部見れるよ!

www.youtube.com

 第3回は、金塊をこの手に掴め! ゲームです。全体としては一つの流れだけど、区分けするなら、①早食い競争からの金塊鞄詰め、②公園での鍵探し、③鍵を開けて出てきた手段での目的地移動、④広場での人探し&ヒントget、⑤船での人探しゲーム、⑥最終決戦場での心理駆け引き……かな。こんなにあった!?笑

 はい、1回目ほどじゃないにしろ長いです、一時間半あります。朝っぱらから日が沈むまで一日がかりのロケ。途中でちょいちょいおじさんたちがビール飲んだりご飯食べてるゆるい映像が映るのも納得の長さ。お疲れさまだよ。

 土豆による見所はこんな感じ。なお今回のタイトルは「レイくん地下鉄で涙眼になりながら歌を売る」でして、レイくんがかなりフューチャーされております。メインは紅雷おじさまとのやり取り。艺兴ファン必見だね!

06:28 小猪变揽金狂魔 塞满一箱难承其重
09:10 孙红雷使小聪明 神算黄磊一眼识破
19:15 张艺兴金条散落 孙红雷顺手牵羊
24:04 黄磊讨好路人大妈 当街大跳广场舞
26:57 黄磊坐拥三钥匙 黄渤小猪甘当马仔
34:09 王迅金条换车票 黄渤使坏坐地起价
46:26 张艺兴遭大哥背叛 地铁卖唱眼含泪
01:01:03 张艺兴斗志燃烧 再次甩掉摄像师
01:11:55 小猪替张艺兴报仇 孙红雷金条被盗
01:21:45 孙红雷弃权赎罪 助张艺兴获第一
出场嘉宾
王迅 (02:21) | 张艺兴 (03:04) | 罗志祥 (03:11) | 黄渤 (05:08) | 黄磊 (05:37) | 孙红雷 (06:06)

综艺:极限挑战 2015

  Twitterでぐだぐだ言ってた感想を整えたものは畳みます。そんなに長くない……つもりだったんだよ。

 

 最初に6人兄弟(子)の順番が出てましたね。①紅雷、②黄磊、③黄渤、④王迅、⑤小猪、⑥レイくん。②と③は逆だと思ってた。あとレイくんは乳首安売りしすぎ。

1. 早食い競争からの金塊鞄詰め 0:00〜

 呼び出された6人がなぜかスーツ&グラサン姿で戻ってきた(執事らしき人が「戻ってきた」と言っている)のはお屋敷的などこか。その隠し部屋には、たくさんの金ののべ棒(以下金塊で統一)が隠されていました。これ本物なのか? 中国だと本物使ってる可能性がなきにしもあらずだから怖いよな。一つ1億人民元とか言ってるから嘘かな、2015年の値段で4〜500万円らしい。

 そこでやらされるのが早食い競争って時点で意味分かんないし、中から出てきたのが焼き芋ってのが更に謎過ぎるww しかも紅雷のはすっごいでかいらしいww 王迅さんはなりふり構わずめっちゃ早食いしてますが、他5人はいつもの中国テンションでゆるゆるです。ちなみにわたしは王迅さんが良い目にあうことを常に応援しているのでよろしく!

 一位は順当に王迅、二位がレイくん、三位が小猪、四位が黄渤、五位が紅雷、黄磊おじさんはゆっくり食い過ぎだから、リラックスしすぎだから。

 この順番でいつものアタッシュケースに金塊を詰めるのですが、ケース自体にクッション的な詰め物が詰められていてなかなか入らない。レイくんが二番目に入って行くときには「艺兴は良い子供だから」「彼が出て行った後にいい子なのか悪い子なのか分かるよw」と笑われている。しかしレイくんは天然の演技がうまいな! かわいいもんな!

(早食い三位で大陸人の小猪が金塊部屋に入って行くところに)
紅雷「小猪、お前がこれからも大陸に来たいんだったら……」
小猪「来たいですよ、俺山東省に家あるんですもん」
紅雷「山東か。俺が住所を知ってたら、兄弟たちを行かせるんだがな」

 紅雷おじさんが悪役っぽこと言ってるよ!笑

 小猪は賢くですね、詰め物を全部取ってしまいます。このルール破り感が大陸。そりゃ重いわよ、一つ1キロなんでしょう。そんで残りの全てを部屋のあちこちに隠して行くから、残されたおじさん3人は「何もないんだけど!?」と半笑い。でもちゃんと見つけるのがさすがよね、ルール破りを前提とした上で皆がゲームをしている……。

「小心(気をつけて)」と言って去って行く黄渤。その後……くっそ紅雷おじさん萌えキャラ扱いほんとひどいなwww 何なんだよこのドアの行き来はww 黄磊おじさんが上機嫌で笑ってるw

 しかし黄磊おじさんあったまいいなー。毎回コナンの音楽を流してもらえるのは黄磊おじさんだけだよ!! そのコナンの音楽版権とってんだよな?w 紅雷おじさんは4個だけ取って、「あとで奪えばいいのさ」と粗暴な発言をしております。黄磊おじさんは最後のくせに26個も詰めましたとさ。

 

2. 公園での鍵探し 10:30〜

 場所を移動して公園らしきところへ。よく財布と現金を没収される大陸バラエティ、今回も六兄弟から手持ちの現金を強制没収します。しかもちゃんと金額も数えるんだよねw 「強制没収大兄財産」。そんでレイくんはなんで靴の中に札仕込んでんだよ、靴に金塊仕込んだ黄渤さんよりはいいけどさw

 公園には5個の鍵が隠されておりまして、これが次の場所への移動手段を決めるものとなります。見つけられなかった一人は自力で移動しなければならないと。

 レイくんは金塊10個なので身軽ですね、努力云々言って山を登って行きます。子羊ちゃん呼ばわりは本当に性的な意味がないんですね? 紅雷も「重いよ〜」って文句言ってるけど、38個=38キロ抱えている小猪は完全に死んでるよ。

 そんな中、黄渤さんが一番に鍵ゲット。王迅さんは黄渤さんと一緒に行動している時点で負けが確定しているようなもんです。頑張って、何かと損な目に遭いがちな子を応援せずにいられない性質なのだ……。黄渤は「痛すぎる」と言いながら靴の中の金塊を抜いています。こんなんでよく走れたな。

 レイくんは山の上の天文台にたどり着きました。チャゲアスのYAH YAH YAHが背後に流れてすぐ消えた。そこに追いついてきた黄磊おじさん、もちろんレイくんを出し抜いて鍵ゲット〜〜!! 知ってた! あなたが先に見つけるって、視聴者全員知ってたよ! 屋根の上のカメラを回して公園の景色を映す黄磊おじさん、この日も天気がいいですね、2015年夏の上海は空気綺麗めだったからね。「俺が既に獲得したよ」と言われたレイくん悔しそう……笑

 一方の黄渤おじさんが鍵を開けて出てきたのは交通カードwww 「ありえないだろ!」と落胆している。まったく同じものを私も三枚ほど持っています。

 記念紙幣のお店?に来たレイくん、自動販売機の中に鍵を見つける。観客に金をもらってゲットしようとするも、紅雷おじさんにも出し抜かれてしまうのでは……? 紅雷おじさんは既にレイくんが鞄からばらまいた金塊の一つを奪っております。そこですかさずファンから金を巻き上げるレイくん。ああ、わたしもレイくんに金を渡して写メを撮ってもらいたい。

 あ、ここでレイくんは「この鍵を手に入れて二人で移動手段を使おう」と提案しているのか。あああ。納得(二周目見ながら書いてます)。そんな取引を持ちかけているところに王迅までやってきてしまうというね。「俺たちは自分たちの顔で金を稼いだから」と追い払おうとする二人。

 しかしレイくんがやっとのことで撮り出した鍵を、何者も追いつけない速度で奪い去ろうとする紅雷おじさん。がっかりしているレイくんに「誰が長男で誰が弟か、これではっきりしただろう」と語りかける王迅。「彼は成長しなくてはいけないんだ」と言う紅雷おじさん。「どうしたんだ艺兴は」「彼つらそうじゃないか〜! 見てみろよ!」とコントを繰り広げる二人。

 片や黄磊おじさんは二個目の鍵までゲットするおつもりですか? 「青春鍵……分かったぞ、これこそが青春鍵だ、運動は青春だ」などと言いながら、何これ、おばさま方はしゃおぴんぐお(2014年あたりに大ヒットした歌)で踊ってるのwww 黄磊までしゃおぴんぐおダンスをしているwww おばさまから無事鍵をもらって、「愛すべき友達よ、私は青春鍵もゲットしたぞ、ハハハハハ」と高笑い。

 ……では終わりません、黄磊おじさまは売店の冷凍庫に隠されていた「クール鍵」まで入手してしまいます。マジでコナンだよ!!! なんでレイくんたち三人も小猪も王迅も気づかなかったのwww 黄磊おじさんが三つも取っちゃったよ! 黄磊おじさま抱いて!!(他の五人を)

 戻ってきた黄磊おじさん、黄渤と小猪の前で、一つ一つガレージを開けていきます。最初のは二人に見せずに閉め直し、「お前二個も持ってるんだ!?」と黄渤おじさん大笑い。黄磊おじさんは鍵を一つ小猪にあげる取引を持ちかけ、「いいんですか」「まだ二つあるもん」「え、三つも!?」。いや〜一人勝ちすぎるよ。

 おおおお小猪への贈り物は電気バイクじゃねーですか!? 黄渤おじさんは交通カードだったのに! しかし黄磊おじさんの中国語が全然聞き取れない。次はタクシー券で、最後は、おおっ車まであるのかよ。だから隠したんだなw

「鍵はどこ〜!」と世界観を崩壊させて叫ぶレイくん、紅雷おじさんと二人きりで階段に座っておしゃべり。紅雷おじさんは協力を申し出ているようですね。

レイ「じゃあ僕に金塊いくつ持ってるのか教えてください」
紅雷「……今はわかんねえんだよ、お前のを二つ盗んだから」
レイ「さっさと僕に返してください、こんなのダメです」

 二個も盗んでいたのか。二個返してくれたら信じます、というレイくんに素直に返してあげる紅雷。二人はめでたく同盟を結びました。紅雷おじさまを待ち受けていたのは白い車! 「俺たちは同盟パートナーだから教えてやろう、俺はさっきの場所で金塊をかくしていたんだ」「すご〜い」とおどろくレイくん。まずはさっきの場所に戻ることにします。

 

3. 鍵を開けて出てきた手段での目的地移動 31:30〜

  • 黄渤:交通カード
  • 黄磊:車&タクシー券&電気バイク
  • 紅雷:車(withレイくん)
  • 小猪:黄磊からもらった電気バイク
  • 王迅:何もないが黄渤についていく

 仲良くドライブしている紅雷とレイくんのところにバイクに乗った小猪からの電話。

小猪「紅雷大兄、鍵見つけたんすか?」
紅雷「見つけたよ〜」
小猪「移動手段は何ですか?」
紅雷「車だよ〜」
小猪「あ!? 車なんですか……」
紅雷「お前は?」
小猪「お、俺は飛行機です」
紅雷「飛行機? どっから飛ぶ飛行機だよ」
(後ろでレイくん爆笑)
小猪「小型機なんです。浦東を過ぎたところで〜」

 鍵を持っていない王迅さん、黄渤おじさんと移動しておりますが、もちろん一人しか入れないと。「一つのカードで一人しかタッチできない!?」じゃないよ、当たり前だよw 王迅おじさんも乗せてあげてください! 黄渤さん! 金塊3個での取引を持ちかけるも、すぐに4個に要求を引き上げるww あーわかった黄渤さんこわい ちょっと〜〜〜〜王迅おじさんは金塊あげたんだから乗せてあげてくださいよ! ひどいよ!

 しかし王迅おじさんもファン女性に交通カード買ってもらえたようです、よかったね! よかったね! 黄渤には「慈善活動」とか言われてるけど、「彼は私の名声を傷つけている」って事実だよ黄渤おじさんw しかし王迅おじさんの庶民っぽさ……応援したい。

 紅雷とレイくんは屋敷に戻ってきましたが、本棚をいじっても一向に部屋は開きません。残念ですね!

 カメラは黄渤おじさんに戻ります。地下鉄で歌を売ろうとしている。大陸バラエティはすっげえ気軽に一般人から現金を巻き上げるよねww 「0.5元じゃ売れねえよ」、ってのは当然だと思います、しかし2000円相当の100元を巻き上げるのは……w 何だっけこの動揺……こんな歌詞ではなかったと思うぞ日本語は。「お前のお父さんに感謝しなさい100元もくれたんだから」「それ別の家の子」。

 移動中の皆様に任務の電話が。てか黄磊おじさんの車誰が運転してるの、この人自分で運転すらしなくていいわけ!?

 金塊奪い合いゲームのルールが発表されます。この日の20時時点での持ち数で判断されるらしい。一番多く持っていた人は失格、一番少ないのも失格、他の人と同じ数持っている人も失格、それらを覗いた残りで、一番多い人が金塊を貰えますとのこと。

レイ「紅雷大兄、あなたのラッキーナンバーはなんですか」
紅雷「え……? 6だけど」
レイ「僕はそのラッキーナンバー分の金塊を持つべきだと思いますよ(?)。どう思いますか?」
紅雷「ありだね。でも元々持ってる金塊の数が既に足りなかった場合は……(奪うしかないよな)」

 地下鉄で乗客のおじいさんに金塊を見せ付ける黄渤おじさん。「1キロ24万人民元だよ」ってこの情報合ってるよ! よく知ってるなw

 小猪はというと橋の上で立ち往生。黄磊に電話をかけてみる。

黄磊「小猪、今どこにいる」
小猪「(バッテリー切れで)今橋の上にいます……飛び降りたいです」
黄磊「あ? 飛び降りたい?」
小猪「飛び降りる準備はできてます……電池がないんです」
黄磊「電池がない? OK……お前他の車に乗り換えたくないか」
小猪「他の車?」
黄磊「俺はまだ150元分のタクシー券持ってるから。乗り換えるか?」
小猪「いいですね」
黄磊「取引だな」(小猪は金塊6本でタクシー券購入)

 てか黄磊おじさん何の車乗ってんだよマジで、紅雷おじさんは自分で運転してるのに。

 目的地についた王迅さん、黄渤と合流しました。黄渤さんは行きずりの女性からご飯を恵んでもらっていた! なんてやり手なんだ! 黄渤さんは恋愛での駆け引きもうまそうですねと下世話なことを言いたくなる……笑

 ドライビングデート中の紅雷&レイくんコンビはというと、

紅雷「お腹減ったから先にご飯食べよう、血糖値が下がってきた感覚がある」
レイ「じゃあもう運転しない方がいいですよ」
紅雷「あそこに車止めよう」

 とやってきたのはケンタッキー。「俺の顔知ってる?」と女性店員に話しかけて「腹が減って死にそうなんだけど金がないんだよ。君たちの管理者はいる?」と訴える紅雷おじさん。めでたくご飯ゲット。

 そこで「トイレに行きたい」と言い出すレイくん、「ここに鞄置いて行けよ」と紅雷に言われて素直に置くのですが……。紅雷はレイくんの鞄の中身を確認し、外に走り去るのであった。ドラマチックなBGMとともに……。

「もう行っちゃったよ」と一般人に言われて「ありえない」と呆然となるレイくん。この子どこまで狙ってるんだろう、騙されるポジションは自分から獲得していってるって理解で良いのよね? 顔面崩壊していてもかわいいのですが。

 彼を取り囲む若い女性たち……ってこの場所行ったことあるような気がするんだけど……行ったことあるわ……笑 傷心のレイくんは通行人の助けを借りて移動を試みるのであった。

 そんでなんで紅雷おじさんは騙したことを早速後悔しはじめるんだよwww 

紅雷「子供を騙してしまった。耐えられない……迎えにいかないと、戻らないと。俺は戻って彼を迎えに行かないと」

 しかしその頃レイくんは既に地下鉄に向かっていて既におらず……ああ、駅で歌を売るわけね。何なん?? 何なんレイくんと紅雷おじさんは何がしたいん? ケンタッキーの袋握りしめて「彼に昼ご飯をあげたかったのに」じゃねーよ!!(悶絶)

紅雷「人を騙すとこういう心情になるんだな、自分でも知らなかったよ。昼ご飯買ったのに艺兴に食べさせてやれなかった。彼はきっとすごく傷心しているだろう」

 何なんだよこの二人の絆を振り返る的映像は……もう疲れたって言ってんだろ勘弁してくれよ……。「100年経っても変わらない」「あなたは僕のアイドルです」「お前も俺のアイドルだよ」じゃないよ……「僕たちは金塊を山分けしましょう」……地下鉄に乗るレイくんは涙ぐんでいますが、差し挟まれる映像が、車中で落花生を紅雷おじさんに手ずから食べさせるシーンとかなのでいい加減にしてほしい。デートかよ。

 

4. 広場での人探し&ヒントget 50:00〜

 ハイカラっぽい場所にやってまいりました、一人目は黄磊おじさん……かと思いきや、王迅と黄渤さんは何一緒にビール飲んでんだよww なにげに仲良しっぽいのだな。

 任務は、この場所にまぎれているスタッフを探し出すこと。「あなたに電話かけてもいいですか?」と尋ねて「おじさま、私たち約束してないですよ(?)」と返って来たらアタリ。その人は、身分/地位が高そうな人、らしい。

 そこからひたすら「電話かけてもいいですか?」と尋ね続ける三人。王迅さんが「この人立派っぽい……」と言いながら「電話かけていいですか?」と声をかけたら、「いいよ。138……」「あなたこんなに立派そうな雰囲気してるのに何で俺たちが探してる人じゃないんですか!?」っての笑った。138というのは090みたいに、携帯番号の冒頭に来るものです。130、137、138が多いのかな。

 いまだにレイくんを騙したことを後悔している紅雷長男。地下鉄内のレイくんはというと、

レイ「あなたは孫紅雷を知っていますか」
乗客「(頷く)」
レイ「彼はいい人だと思いますか、それとも悪い人だと思いますか」
乗客「いい人」
レイ「でも彼は僕を騙したんですよ。それでもあなたはいい人だと思いますか」
乗客「あなたを騙したのも理由があったのよ」
レイ「理由……」
乗客「どうやって騙したの?」
レイ「彼は僕がトイレに行っている間に僕の有り金全部持って逃げたんです」
乗客「彼の心理状態がよくなかったんだね」
レイ「心理状態がよくない。じゃああなたは僕の心理状態はどうあるべきと思いますか、自分を調整するべき?」
乗客「警察の派出所を探すべきじゃない」
レイ「警察を探すべき」
乗客「警察を探して訴える」
レイ「そうだ! 警察だ! 警察が来たら紅雷兄も僕にお金を返さずにはおれないはず!」

 黄磊・黄渤・王迅の三人はひたすらパスワード探し中。

王迅「君たち、身分高そうな人見なかった?」
一般人「見た。あなた」
王迅「僕じゃないよ! 探さなきゃいけないんだよ!」

 と言いながら写真を撮られる王迅さん。そこでようやく出現した番組スタッフ、を素通りする王迅さん……が最初に気づいたー!! おめでとうございます! 「あなたに質問をしていいんだよね?」と尋ねながら彼女を人気のない路地に引き込む。

王迅「二つ質問をしていいんですよね」
スタッフ「もう一つしたからあと一つだけです」
王迅「そんな……じゃあ、この中で誰が最も多くの金塊を持っていますか?」
スタッフ「YesかNoで答えられる質問しか受け付けません。よってあなたはもう失格」

 王迅さん何でこんな不憫な扱いを受けているの、かわいそうすぎるw しかし彼は諦めない。僕には理由があるんです、と滔々と述べ立てる。

王迅「俺がこの中で一番多くの金塊をもっているか否か。おいお願いだよ、行かないでくれよ、二つ質問できるはずだろう、この六人の中で俺が際弱だし頭もよくないんだよ、頼むよ、お願いだから助けてくれ」
スタッフ「いいよ」
王迅「俺がこの中で一番多くの金塊をもっているか否か」
スタッフ「No」

 あ〜よかったと安心する王迅さん。よかったね♡

 次に彼女を発見するのは黄磊おじさんです。彼女らが何の反応も寄越さないことから「ゲームだな」と当てる黄磊。スタッフとの問答を経て、またも人気のない場所に連れ込もうとします……が、そこに忍び寄る黄渤の影。王迅に教えてもらったらしい。王迅さん優しいだろ!! 恩義を感じる必要はないんだぞ!?

 黄磊は自分が一人目だと信じているので、二つ質問ができるはずだと思い込んでいます。「YesかNoかで答えられる質問だけなんだよな?」とうっかり尋ねてしまい、「Yes」と言って去るスタッフ。「お前の知能は特別高いはずなのに〜w」と黄渤に笑われる始末。

 やっとレイくんも地下鉄の駅に到着。改札に阻まれつつ、地上に上がろうとする。

黄渤「小猪の金塊が一番多い?」
スタッフ「(なぜか♡を飛ばしながら)Yes」
黄磊「お前何聞いたんだ。誰のが一番多いか? それとも小猪のが一番多いか?」
黄渤「さあ〜」

 レイくんはバイタクを捕まえて目的地へ。ドライバーが言うことには、彼は小猪を目撃したらしい。レイくん急いでカフェらしき場所に突入、すると、「あ〜〜艺兴がきた〜〜」「どうやって来たんだ?」じゃねえよ、おじさん+小猪たちは何でビール飲みながら休憩してんだよ。紅雷以外の皆に「僕騙されたんですよ」と説明するレイくん。

レイ「助けてくれないんですか」
黄磊「助けてやるよ。勧善懲悪だ」
黄渤「大兄をやっつけないとな」
小猪「紅雷をやっつけろ!」

 テロップに「紅雷のことを喋り出すと情緒が激しくなる艺兴」って出てるよwww レイくんがこんなに怒ってるから小猪さえ笑ってんじゃねーかww 大爆笑だよw 黄渤おじさんがレイくんのことを抱きしめるためにわざわざ立ち上がったよ、「明日は世界が明るいよ」とか言われてるよw

 そこで黄磊おじさんが持ち前の仕切り力を発揮。皆にレイくんが金塊をあげる図になってますな〜。黄磊おじさんは小猪が一番多いことを知ってるから、自分が少なくなるようにあげているはずですね。更に「お前らは艺兴に金塊をあげないのか?」と他二人に言っているけど、既にレイくんの枚数が黄渤おじさんを抜いてるから……あー王迅さんがあげた、あなた結局ただのいい人だろ!? 王迅小天使って書かれるのも当然だよ!

 皆のやさしさにより、レイくんの金塊は0から17個になりました。

 

5. 船での人探しゲーム 1:05:30〜

 紅雷おじさんがたどり着かないうちに、次のミッションを言い渡される六人。船着き場に行って船に乗り込み、3つしかない鍵を探し出せとのこと。

 先ほどと同じ移動手段で船へ向かいます。一番乗りは黄磊さん。乗り込む前に天猫(大手通販サイトの名前でありマスコットキャラ)による入念なボディチェックがあるんだけど、そこで鞄を預けたたら、仮面の男に奪われてしまう。追いかけていくとそこには同じような仮面を付けた大量の男たちが……。この中から自分のボディチェックをした人を見つけ出さないといけないようですね。黄磊おじさんが珍しく間違えています。

 次にやってきたのは王迅。鞄を取られたのを二度見しているww 天猫と格闘の末、仮面の男を追いかける。小猪に至っては鞄を預けたまま船の中に一目散にダッシュ! 続いてやってきたレイくんと黄渤、まだたどり着かない紅雷……。

 仮面の男を最初に捕まえたのは王迅さん。微妙に眉毛と髭が違うらしいんですよ、皆よく見てるなあ。王迅は多分他の人たちが来ないうちにgetしたんだね。レイくんも見つけました。小猪も見つけました。おめでとう!

 鍵を見つけた三人は船で最終目的地である証券交易所へ、他の三人は自力でたどり着いてくださいとのこと。

 ここでゲームは終わったけれど、人間関係は終わっていないのだ……。

 ようやく追いついたんですよ、紅雷おじさんが。そしてレイくんに一目散に駆け寄って行くんですよ。ラブストーリーかよ。しかしレイくんガン無視、渋い顔でガン無視。

紅雷「この鞄はお前のだよ。戻って来たときにはもういなかったんだ。俺が悪かった。ほらはやく、俺が悪かったよ。おいでおいで。先に自分の鞄を持って。それから戦おう。俺はお前を笑わせなきゃいけないのか。そしたら許してくれるか。俺は一心にお前を捜していたんだ」
レイ「自分で持ってればいいでしょ」
紅雷「俺が悪かった」
レイ「その鞄はあのときから、あなたが欲しかったものでしょう。この鞄を持ち続けることが貴方の責任であり任務ですよ」
黄磊「彼は間違ったんだよ、間違ったんだ」

 いつの間にか黄渤おじさんと黄磊さんまで間に入って見守ってるよww 黄磊おじさんも説得にまわったのにレイくん完全に許す気がない。なかなか頑固な子ですね。紅雷おじさんも説得を諦めず、必死で食らいつくのですが、その最中に小猪が紅雷おじさんの鞄を持って走り去る。

 あまりのことに床に寝転がる紅雷おじさん……あなた、前回も地面で寝てましたよね……笑

 そして鍵をもらえなかった黄二人組は通行人に小銭を恵んでもらっている。「要らない小銭を恵んでくれよ〜」じゃないよ、芸能人よ。

紅雷「疲れたよ……俺は思うんだけど人はこういうふう(埠頭に寝転がって空を見ている)であるべきだって……今日の空は本当に青いな」

 紅雷おじさんの金塊を山分けにする黄おじさん二人+レイくん小猪。空っぽのアタッシュケースを持って呆然とする紅雷。レイくんと小猪はなんで二人きりでクルージングしてんだよ、王迅さんは? 先行っちゃったの?

 

6. 最終決戦場での心理駆け引き 1:16:00〜

 長い長い一日もようやく終わりそうです。鞄を持って次々に到着するおじさんたち。紅雷が王迅の鞄を奪っております。かわいそうな王迅おじさん……どうやら鞄を交換されてしまったようで。

 テーブルについた六人、まずは別室にて、自分が何番目に多く金塊を持っているかを個別に知らされます。黄磊おじさんはもう分かってんだよな。レイくんが行ったときには黄渤おじさんが「見て見て艺兴をw」と反応面白がってるけど、意外と落ち着いていた。あっさり「No.6」を掲げられる王迅かわいそうだよ……笑

 さて、ここで先ほどの鍵の使い道が示されます。司会者曰く、残り時間30分の間に使い方を決めろと。

 黄渤おじさんが「紅雷、あなたは艺兴に謝りたいんでしょう、あとは王迅にも」と話しかけると「艺兴を先に慰めたい」と言い出す紅雷おじさん。しかしレイくんは、

レイ「中国の故事に『他人を陥れようなどと考えてはならないが,他人から陥れられないよう警戒心を失ってはならない』とありますが、今日のこの番組を通して、僕はこれが分かりました。だから大変感謝しています、紅雷兄」

 相変わらずの頑固さに、小猪爆笑、黄磊苦笑。

 小猪の鍵には、強制的に自分の持っている金塊を他人に押し付ける権限がありました。彼は紅雷に6個の金塊を押し付けます。

 レイくんの鍵には、他人から強制的に金塊を巻き上げる権限が。しかしレイくんは、

レイ「僕はこの鍵を放棄します」
黄渤「じゃあ俺が使っていい?」
レイ「あ? じゃああなたにあげます」
黄渤「黄磊、6個俺に金塊を寄越せ!」

 それもありなのか。

 王迅の鍵には、鞄を他人と交換する権限が。どうやら紅雷おじさんとこっそり同盟を結んでいたようですね、紅雷おじさんに使わせてあげると言い出す。紅雷おじさんはというと、まだレイくんを勝たせたい。ぽかんとするレイくん。権限を使おうとする紅雷に、

レイ「僕の話を聞かなくていいんですか」
紅雷「いいよ。待つよ」
レイ「今日の午前中に僕が言ったこと……『あなたが走っていったさっきの一秒、僕は色々考えたんですけど、奪わない、盗まない、騙さない。これが相手を尊重することです』。僕は、あの言葉を守らせてほしいと思います」
紅雷「そうしたいのか?」
レイ「したいです」
紅雷「(艺兴を尊重する)じゃあ賭けだな。これは黄渤に決定させよう」

 何で黄渤なんだよ! 王迅に返してあげなよ!!笑

 黄渤おじさんは、「俺のと、紅雷の鞄を交換」と命令します。なのに鞄を持ったまま席を交換してるから、何も交換されていないというww 黄磊と王迅からの総突っ込み。黄渤おじさん自分で大爆笑。

 ここで残り三分となりました。

王迅「黄渤に言いたいことがある」
黄渤「なに?」
王迅「彼(レイくん)を二位(勝者)にする方法があるかなって」

 皆してレイくんを勝者にしようとしている。何て優しいおじさまたちなんだ。あと金塊二つ、紅雷がレイくんに渡せば勝てるはずだと黄磊おじさん。

レイ「じゃあ紅雷兄が僕に二つくれればいいんですよ」
紅雷「(聞き間違えじゃないだろうな?)お前は俺に何してほしいって? ちょっと待て。お前はどうしたいんだ」
レイ「勝ちたい」
紅雷「勝ちたいのか」

 ついに紅雷の優しさを受け取ったレイくん! 雪解けか!?

 まだ黄磊おじさんが色々言っていたけど、ゲームはタイムアップとなりました。

 真っ先に脱落した王迅、0個。次の脱落者は、黄渤。同数持っていた紅雷と小猪も脱落。残ったレイくんと黄磊の二人……勝ったのは……皆の弟レイくんでしたー!!!

 一番に拍手してあげる紅雷おじさんは「有難う有難う」とレイくんの代わりにお礼まで言い、「艺兴を祝福しよう」と拍手。いやー何がすごいって黄磊おじさんの指示が的確すぎる。何で全部見通しているんだ、あなた様は。最後はレイくんが銅鑼を鳴らしてサクッと終わりました。

 結果的に皆がレイくんに優しかった第2回だった! お疲れ様でした! マジ疲れた!